短編1
  • 表示切替
  • 使い方

鹿児島での夜..

小学生の頃、イトコが住んでる鹿児島に泊まりに行った。

三泊したのを覚えてる。

イトコの家は鹿児島でも結構、田舎で自然豊かな場所にあった。

家の後ろは山、庭には冷たい山水が流れる用水路があって

夏場なのに、何故か.. 不思議な程涼しかった。

小学生の俺とイトコははしゃいで、笑って

走りまわって、朝から晩まで遊んだ。

風呂に入って、飯を食わせてもらって寝るzzZ

そして、俺は奇妙な夢を見た。

それは白黒の夢で、戦争の光景が延々と出てくる。

軍服を着た日本兵や、大砲何かがずっと出てくる。

不思議なのは、俺は一切出てこない..

簡単に言えば、白黒の戦争の映像をずっと見せられてる様な感じ。

起きたら、汗だくで何か得体は知れない恐さがあった..

結局、その夢を三日三晩見た。

イトコが言った。 -うなされてたよ。

俺は聴いた。 -何か、言ってた?

イトコ -えっ何か.. 苦しい苦しいって言ってた。

鹿児島から帰る日の朝、その話をイトコの親父にした..

すると、イトコの親父は答えた。

-あーこの辺はね、鹿児島でも戦争の被害が大きかった地域よ。

空襲でたくさんの人が焼け死んだって、聞いとるよ。

俺〈名前〉に何かを伝えたかった、訴えたかったんじゃなかね..

実家に帰ったら、その夢は見なくなった。

あれ以来、見てない。

けど、今でもあの白黒の映像は脳裏に残ってる..

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
3890
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ