短編2
  • 表示切替
  • 使い方

部活後

私が高校生の時の話です。

その日も私達部活メンバーは練習が遅くなり、一番最後まで校内に残っていました。

すでに校内に残っているのは私達と、部活顧問の先生だけだったので手分けして校内の戸締まり消灯をしました。

確認が終わり、みんな職員玄関からでて帰ろうとすると職員玄関の上の部屋資料室の電気がついていました。

??消灯して鍵を閉めたはずなのに(;´д`)

仕方なく部長、副部長と各部門のチーフが消灯しに行くことに…その中に霊感の強いK美がいました。

            私と仲の良いM、その他何人かは先生と外で待つことに…

と思ったらK美に「お前ら二人も行くんだよ!!」とぶったたかれ私とMもついていきました。正直ヘタレな私達2人はほんとに怖くて無言でした。

資料室の電気はついていましたが、鍵はちゃんとかかっていました。

みんな「なんで電気ついていたの?怖くない?」とちょっとした怖さを楽しみつつ騒いでいました。

すると突然K美が「もう用事すんだんだから帰るよ!」

とキレました。

みんなびっくりしたようですぐに鍵を閉めて外にでました。

帰り道K美、M、私3人で帰る途中もK美は無言。

心配して「どうしたの?」

と肩に手を置くと震えていました。

そして私達2人に「みんな怖がると思って言えなかったけど、資料室に行った時にセーラー服姿の女の子がいたの…両手を伸ばして少しずつ近づいてきて、捕まるかと思って、だから早く帰りたかった…」

と泣きながら話してくれた。

私達の学校の制服は昔セーラー服でした。

見たくなくても見えてしまったK美はみんなが危険だと思い、あの時急にキレたんだなって…一番怖かったはずなのに。そしてみんなには内緒ってことで帰りました。

うまく説明できず申し訳ありませんでした。

怖い話投稿:ホラーテラー めぐみさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
14300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ