短編1
  • 表示切替
  • 使い方

犬のマリー

music:7私は 塾の帰る途中の時、雨で濡れ、ダンボールの中に入っていた 犬を見かけました。拾ってあげたいけど、お母さんは、犬が大嫌い。

nextpage

けど、私はバレないように、もって帰りました。そっと、二階へ上がり、自分の部屋で、タオルでふいたり、なでたりしました。犬は尻尾を振り、嬉しそう。「そうだ!名前付けてなかったな。うーんと、マ…マ……マリーにしよう!」

nextpage

music:5ある日のことです。塾から帰ってきました。二階にあがって、マリーに会いに、部屋にいくと…マリーがいません。お母さんが話し掛けてきました。

nextpage

「あれほど、犬を拾ってくるなと言ったのにっ!」

nextpage

私を睨みつけ、叩かれて、しまいました。それでも、私は聞きました。「マリーは!マリー!どこにやしたの!」

nextpage

お母さんは、軽く言いました。「あぁ、あの犬?捨てた」私は、玄関に飛び出そうとすると、髪を引っ張られ、連れ戻された。「また、拾ってくるなら、アンタを家に出さすわよ!?」私は、何も言えず、マリーを探せませんでした

nextpage

いつも通り塾から、帰ってきました。すると、ダンボールがおいてありました。中を見てみると…

nextpage

犬の骨がありました。私は、その骨をマリーのだと思いました。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
39100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ