中編2
  • 表示切替
  • 使い方

深夜のサラリーマン

wallpaper:176

これは深夜2時頃に

飼っていた犬の散歩に行ったときの話。

私は犬を連れて家の門を出た。

nextpage

すると、向こうから

スーツを着た一人の男性が歩いてきた。

下を向き、なんだか

元気のない様子だった。

nextpage

サラリーマンだろうか。

こんな時間まで仕事だったのだろうか、、

ふとそんな不思議な気持ちには

なったが、その時は特に深くは

考えなかった。

nextpage

その男性とすれ違うとき、

こんばんわ、と挨拶をかけた。

しかし相手は顔をあげもしないで

すーっとそのまま歩いていって

しまった。

nextpage

よほど疲れていたのだろうか。

そう思い、私はしばらく歩いた。

nextpage

そういば、私の犬は知らない人を見ると

必ずその人に向かって吠えるのだが

あの男性には見向きもしなかった。

まるで、そこに存在していないかのように

nextpage

一本道を歩き、角を曲がると

また向こうから誰かが歩いてきた。

今日はよく人に会うなあ、

と思い私もその人に向かって歩いていく。

だんだん距離が縮まっていき

相手の顔が見えてきた。

nextpage

すると、それはさっき一本道で

出会ったあのサラリーマンではないか。

nextpage

ありえない。

絶対にこんなところで会うことは

ありえないのだ。

すれ違った時男性が歩いていく方向の道は

まだまだ長い道のりで

自分より早くこの道に辿りつくことなんて

絶対にできない。

nextpage

私の歩くスピードが落ちていく。

どうしよか、

来た道を戻ろうか。

しかし今ここで相手に背を向けては

何か嫌なことが起こるような気もした。

nextpage

私はそのまま前へ歩いていく。

男性も私の方向へと歩いてくる。

そしてついに私のほぼ目の前に、、

nextpage

男性は私の横をすーっと通り抜けていく。

顔は下を向いていて

はっきりとは見えない。

そうだ、犬。

犬にも見えているのだろうか。

nextpage

ふと犬に目をやる。

しかしさきほどと同じように

私の犬は何事もないように

この場には私と犬しかいないように、、

nextpage

振り返ろうか。

そんな思いがよぎった。

確かめたい。

nextpage

しかし私は結局振り返ることができずに

そのまま無事家へと帰った。

nextpage

あの人はいったい何だったのだろうか。

私に何かを伝えようとしたのか。

それから私はあの男性には会っていない。

nextpage

しかし今でも明確に言えることは

この世のものでは決してなかった

とゆうことである。

Normal
閲覧数コメント怖い
39200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ