短編1
  • 表示切替
  • 使い方

コピペ

友達が自殺した。

原因はイジメ。

でもずっと彼女は我慢してた。

どんなに酷いことされても、先生には言わなかった。

私はそんな彼女をただ見てた。

理由は簡単、学校では関わりたくなかった。

でも、

学校を出れば普通に話をするし、たまに一緒に出掛けたりもした。

私が、学校ではごめんって謝ると、謝らないでって優しく笑ってくれた。

そんな彼女が自殺した。

私の目の前で。

彼女の住む団地の屋上から彼女は飛んだ。

話があるって言われて、そこへ行った。

行くと彼女は手すりの向こうにいた。駆け寄り止めようと袖を掴んだ時、彼女の顔をみた。

いつか謝ったとき見せた優しい笑顔だった。

彼女から1通の手紙を渡された。

そして彼女は掴まれた袖を振り払い、下へ飛んだ。

酷く鈍い音に混ざり、トマトを落とした時の様な音が聞こえた。

私は立ち尽くした。

何も出来なかった。

私は彼女に何もしてやれなかった。

最後まで私はただ見ているだけ。

手に握られた彼女の手紙を開いた。

あぁ、

私はまた見ているだけだった。

《お前が一番私を苦しめた。お前は許さない。》

私は見てるだけ。

学校の外では偽善ぶり、彼女が助けて欲しい時、

私はただ見ていた。

傍観者として人を殺したのか…。

彼女が私を許してくれることは一生ない。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
19400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ