私の彼氏は霊感があるんです

中編3
  • 表示切替
  • 使い方

私の彼氏は霊感があるんです

友達から聞いた話でございます。

nextpage

私の彼氏は少し変わっているんです。

いつも私に 俺には霊感があるから霊がどこに居るのか分かるんだよ!俺すげーだろ?と自慢してきます。

彼の家に遊びに行ったり何処かへデートする時もいつでもどこでも、俺には霊感があるんだ凄いんだと話をします。

毎回そればかりなので私はうんざりしていました。

nextpage

私の彼氏がBBQをしたいと言い出し、彼の休みの日に川へBBQしに行く事になりました。

nextpage

俺の彼女は凄く可愛いくて大人しい子で自慢の彼女だ。

俺は霊感があるから悪い幽霊から彼女を守るんだ。

近々彼女を川に連れてBBQに行くんだけど、凄く楽しみでわくわくしてる。

nextpage

BBQ当日 俺達がBBQに選んだ川には既に先客がいた。数名の男女がBBQをしている。

楽しそうに何か話をしているようだ。

その光景を俺はBBQの準備をしながら見ていた。すると、数名の男女の中の一人が近づいてきた。

「あのお..一緒にBBQしませんか?」

どうやら一緒にBBQをしたいらしい。

彼女に「どうする?」と聞くと彼女は「別にいいんじゃない?」と答えた。

「はい。一緒にBBQしましょう!」

数名の男女と一緒にBBQする事になった。

nextpage

数名の男女は皆楽しそうにBBQしている。

俺の彼女も楽しそうに笑っている。

nextpage

数名の男女と楽しくBBQをしていると急に彼氏が私の腕を掴んで「逃げろー!!」と叫び走り出した。

何事かとびっしたけど私は必死に彼氏を追いかけた。

まったく何なのよ..楽しいBBQなのに。

暫く走った後ようやく彼氏が立ち止まった。

nextpage

「はぁ...はぁ...よし、ここまで来れば大丈夫だ。」

「いきなり走り出してどうしたのよ?びっしたじゃない。」

彼氏は乱れた呼吸を整えながらゆっくりと私に話はじめた。

nextpage

「俺さ..霊感あるんだよ。あいつら幽霊だぞ...さかも凶悪な幽霊。」

まーたはじまった...彼氏の『俺霊感あるんだぜ』話。

私はうんざりした顔をしながら彼氏を見つめた。

「ふーん。で、どうしてあの人達が幽霊ただと思うの?」

「...幽霊ってさ、人間とは逆の事をやるんだよ...」

私を怖がらせようと不気味な表情をしながら答えた。

nextpage

「例えば、皿!あいつら皿を上下反対にして使ってただろ?」

「うん。」

「割り箸!割り箸を上下逆にして使ってただろ?」

「あと、コップ!あいつらコップも上下逆にして使ってただろ!」

「うん。」

彼女は真顔で俺の話を聞いている...目が笑っていない。きっと霊感なんて無いと思われてるのだろう。

nextpage

「だからさ、あいつらは幽霊なんだよ!しかも凶悪なやつ!俺はお前をあいつらから守る為に逃げたんだよ!」

「.....」

「お前も見たろ?あいつら絶対幽霊だぜ!!ここまで来ればお前が危害を加えられることはない!」

「.....」

「俺はお前を守ったんだぜ?」

nextpage

「へぇ〜〜〜すご〜〜〜い」

そう言いながら彼女は真顔で逆拍手をした。

nextpage

おしまい

Normal
閲覧数コメント怖い
1,8588
10
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

恋は霊感も狂わすということか