中編3
  • 表示切替
  • 使い方

一戸建て平屋一軒家

「ただいまー!」

私たち家族がここに越してきたのは3月の半ば。

「お母さーん。今日のおやつなにー?」

新天地は山沿いということもあり、朝晩は冷え込むらしい。

「その前に、宿題でしょー?」

実際、フローリングだけの床は冷たくて厚手の靴下とスリッパが欠かせない。

「はーい。その前にうがい手洗いだね!」

nextpage

夢の新居は、平屋の一戸建て。

いまどき平屋。もちろん新築ではない。

ここは今は亡き夫の祖父が住んでいたところで祖父亡きあと数年は空き家だった。

それこそ、震災後の住宅難のときには借り上げ住宅として市に貸し出していたそうだ。

そのときに、義母たちが少しリフォームをしたようで床は全面フローリング、縁側を広くウッドデッキにしてある。

間取りは大小あるが一応、5DKといったところ。

nextpage

いろんな人の思いが詰まった家。

これは、そんな家でのお話。

nextpage

◇ ◇ ◇ ◇

「かずきー。お風呂入るよー。」

新居には追い炊き機能がないので、お風呂はまとめて入るようにしている。

「はーい。」

このお風呂もとても昭和の香りがする作りだ。

なぜか扇形の浴槽に、床は玉石モザイクタイル。

洗濯機置き場まである。

おまけに脱衣所なんてスペースはなく、お風呂の木戸を開ければそこは廊下で玄関から丸見え。

nextpage

それどころか、居間の障子戸を開ければ寝室、そこからさらに襖を開ければ奥の間までお風呂から見えてしまう。

どうせリフォームするなら、間取りを直せばいいのに…。

これじゃ友達呼んでお泊りなんてさせられないなー。

居間の向こうに続く部屋を見ながら内心毒づく。

子供が出来てからお風呂にゆっくり入ることを忘れた私はカラスの行水を済ませ、さっそく廊下で身体を拭く。

nextpage

寒いなー。

「かずきー。ちゃんと肩まで入りなね。」

引っ越したばかりの平屋は2DKのアパート暮らしに慣れてた私達には広すぎて、得体が知れない闇が広がっているようだった。

夫は三交代の仕事で今夜は夜勤でいない。

いくら省エネと言ってもやっぱり居間の電気は付けておけばよかったかな。

せめてテレビをつけて不気味さを誤魔化していたけど、お風呂から見える薄暗い部屋たちはやはり大人の私でも少し怖い。

nextpage

パジャマを着ながら目の端で影が動いた気がしたけど、きっとそれはテレビの明かりのせい。

「え……?」

息子が一点を見つめながら固まった。

「どうしたの?」

「今、押入れのふすまが勝手に開いた気がしたの…。」

「え?ふすま?」

やだ…ホントに開いてる…。

普段から押入れの襖は閉じるように心掛けてる。だって隙間って怖いから。

それなのに、開いてる。

nextpage

「あれ?お母さん閉め忘れたかなー?引っ越しの荷物片付けてたからね。」

「…そうなの?」

「そうだよ。それにテレビの明かりがチカチカして、今開いたように見えたんじゃない?」

「そうかな?……なんか怖いな。」

「気のせい気のせい!!かず!ほら!お風呂出たなら早く身体拭いて!早く着替えな!風邪ひくよ!」

nextpage

内心怖い私は、少し大きな声で息子を急かした。

自分の中の驚きを吹き飛ばしたかった。

だって、私も目の端とはいえ何か感じたから。気のせいなんかじゃなかったから。

これは始まりだった。

これから起こることの始まりだった。

◇ ◇ ◇ ◇

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
9455
6
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意

奥さま。
レトロモダンて怖いです。私もそう思います。
私の実家は白を基調にしてさっぱりシンプルなので、なおのこと、今の住まいは薄暗く感じます。
天井も木目がむき出しです。旅館に来たと思えば納得の景色ですが、天井が茶色いとこうも暗く感じるのですね。

玉石モザイクタイルが伝わってよかったです笑

ホントに、人の想いが染み込んでると思います。増築増築で、何度か建て増ししながら暮らしてきたようです。

どうしよう。地下になにか埋まってたりしたら…。
↑怖い話の読みすぎです↑
◇ ◇ ◇ ◇
ちゃあちゃんさま。
私の住まいは築何年になるのかしら…?ネット回線ひくとき業者の方が、昔の家だから硬いですねと言ってたのでやはり昔は昔かな?

二階建て羨ましいです。主人にリフォームは二階建てにしようと進言しましたが、何度も増築してるから法律的にムリだよと言われてしまいました。

うちはせめて長屋ではなかったのですが、隣家との距離が狭い!!ので、思い切り部外者で新参者の私は肩身が狭く夏でも窓も開けたくなくて困ってしまいました。

◇ ◇ ◇ ◇

第二弾、投下いたしました。
直接的に怖いのは無いんですが、楽しんで頂けたら幸いです(*^_^*)

表示
ネタバレ注意

私の住まいは借家ですが、築50年。5軒連棟の長屋の2階建て。お風呂はやはり玉石モザイクタイルです。でも、階段怖いので平屋に住みたい…続きお待ちしてます(^^)

間取り、昭和の平屋建て、とてもリアルに浮かびます。
私の生家も玉石モザイクタイルのお風呂場でした。懐かしい‼︎
そして、ちょっと怖い…。

昨今のハウスメーカー製洋風住宅に慣れた身にとっては、昭和30年台前後の和洋折衷(当時は最先端モダンだった)の家って、なんかコワ懐かしいような、妙な感傷があります。
曰くありそうな古民家も怖いけど、中途半端に古いレトロモダンな家も怖い。
浅い歴史ながらも、人の想いとかいろいろ染み込んでいそうで。

これは、続きが楽しみです。