短編1
  • 表示切替
  • 使い方

人面犬の都市伝説

茨城県の高速道路にたまーに人面犬が出没して車を追いかけてくる。

実は筑波大学ではこっそり人と犬の合体実験が行われている。

といった話は一昔前に流行りましたね。

そんな都市伝説は今でもあるらしいのです。

ある生徒が忘れ物をして、夜のキャンパスを歩いていたそうです。

すると後ろから「今何時だ?」と、声をかける者がいます。

こんな夜中に一体誰が?と思って振り返っても誰もいない。

ただ、そこにはポツリと一匹の犬が立っていました。

気味が悪くなって早足でその場を逃れようとするも、犬が着いて来ます。

「今何時だ?」

「11時頃です。」

ついに答えてしまいました。

すると犬が、

「ありがとう」

といってニッと笑って逃げて行ったそうです。

一見、どこにでもある都市伝説ですが、これには裏づけがあって、

筑波大学のキャンパスには犬がほとんどいないそうなのです。

代わりに猫がものすごく多いんだとか…

広大な敷地内に犬が少ない、という不自然な状況はある意味人面犬伝説の証拠なのかもしれませんね。

ワンッ

Normal
閲覧数コメント怖い
37010
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

犬が後を着いて来たら、思わず「ワンワンちゃ〜ん、こんな時間にどしたかな〜?」とか言って撫でくりまわしてしまう私ですが、顔が人間だったらイヤだなぁ…(´Д` )