一戸建て平屋一軒家。盆の怪。

中編3
  • 表示切替
  • 使い方

一戸建て平屋一軒家。盆の怪。

「お母さん、な-に-?」

まただ。

最近呼んでもないのに、息子がよく返事をする。

「え、なにが?呼んでないよ。」

「え?なんか話さなかった?」

「いや、話し掛けてないし、呼んでもないよ…。」

「そっかー。おかしいなー。」

nextpage

この一ヶ月こんな調子だ。

あるときは台所で食器を洗ってる時に、子供部屋から大きな声で返事をしてきた。

台所から子供部屋までは、居間、寝室が間に入って距離もあるし、食器を洗ってる方としては周りの音が聞こえづらくなるので、そもそもこちらから話し掛けはしない。

nextpage

またあるときは、実家に遊びに行き、私が兄や母と居間で世間話をしているときに、にこにこしながら「呼んだ?」と廊下からやってきた。

自宅にいるときはしょっちゅう返事をしてくるが、自宅以外で返事をしたことはなかったので驚いた。

nextpage

◇ ◇ ◇ ◇

ある日、私が仕事から帰宅すると仏壇が開いていた。

はめ込み型の仏壇で、私達が越してくる前には義母の両親の位牌が飾ってあったそうだ。

その位牌は今は義母宅にあり、今は仏壇の意味をなさない。

少し開いた仏壇には仏像なのか神様なのか、小さな像が安置されていた。

nextpage

私は拝んだこともないし、夫もとくに信仰してる様子はなかった。

誰が開けたのか分からない。

思い出してみればその頃、洗面所にあるセンサーライトが誰もいないのに反応する事が何度かあった。

電子レンジが勝手についていたりもした。

nextpage

◇ ◇ ◇ ◇

お盆の時期にはお墓参りや迎え火をたく習慣があると思うが、

私の両親は関東出身で、先祖代々の墓も関東にあり、人混みの嫌いな父はわざわざ混む時期に墓参りに出掛けることはなかった。

ちなみに今の住まいは東北6県。そこから関東というと、お墓参りも小旅行になってしまう。

nextpage

なので幼い頃から、お盆休みに墓参りをするから遊べないと言うクラスメイトが不思議でたまらなかった。

私にとっては、いまだに危うい習慣だ。

後日。

一念発起、嫁いできた身でまだ義両親のご先祖に挨拶をしてない私は、夜勤明けで眠いだろう夫を焚き付け、義母方の墓参りに連れて行ってもらうことにした。

nextpage

この平屋、夫の祖父の家ということは、どうやら義母の実家ということらしい。

焦って来てしまったから、お線香も買い忘れて、しかも近場も売り切れてしまっていた。

顔を見せに行き手を合わせるだけでも気持ちは伝わるだろうから、お線香は近いうちに私と息子で来ることにし、参らせていただいた。

nextpage

それから数日後、お線香を息子と半分こにして手を合わせてきた。

「寒くなる前にお墓のお掃除しにこようか?」

息子と約束した。

参らせてもらったお墓はそんなに掃除が行き届いてなかった。

手前だけ磨いてあり、墓石の奥の方は苔むしていた。

nextpage

◇ ◇ ◇ ◇

「そう言えば、お墓参り行ってから、かずきが返事することなくなったわ」

実家でアイスを食べながら母に話した。

「お盆の時期だったからね。孫に会いに来てたのかも。」

母と姉が9月生まれなので31種類のアイスからおまかせ12個を選んでもらい、プレゼントに持ってきた。

nextpage

自分も食べる私はちゃっかりものだと思う。

「お彼岸ももうすぐだから、そういう事もなくなるんじゃない?」

なるほどと思った。

うちの子は夫の家にとっては可愛い初孫。(私の実家にとっても初孫)

けれど、実は私の連れ子で夫の家系とは血の繋がりはない。

nextpage

ご先祖様はそわそわしてたのかもしれない。

長男が結婚したと思ったら同時に小学生の子持ちになったのだから。

それで、ちょくちょく様子を見に来たのかも知れない。

私の世間知らずを正しに来てくれたのかも知れない。

母はこうも言いました。

「あなたも認めてもらったんじゃない?」

nextpage

◇ ◇ ◇ ◇

夜勤明けの今朝、同じく夜勤明けの主人が

「電子レンジ使った?」と言いながらおにぎりを温めていた。

きっと電磁波?の影響でつくんだろうけど、

まだお墓の掃除へ行ってない私は少しドキリとした。

お墓といえば、墓石の横に小さなお地蔵さんの様な像があった。

それは何のためにそこにあるのか私は知らない。

nextpage

◇ ◇ ◇ ◇

お彼岸までもう少し。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
7448
7
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

絶望さま
いいお話でしたか。
怖い話が書けない私です(←笑うところです)。
お墓参りは大切にしたいですね。
みなさまから頂いたコメントを読んで私もそんな気持ちになりました。
有難うございます。

これを読んでいたら父とおじいちゃんのお墓に行きたくなりました。

いい話でした

ちゃあちゃんさま。
遠方となるとなかなか行けませんよね。よく分かります。実家の両親は先祖代々の墓をどうするかここ数年悩んでます。自分たちが入る墓は近場に買っているので、永大供養かどうするか。
私は嫁いだし、末っ子だし何とも言えませんが、一緒になって心配してます。
慣れた土地で眠らせてあげたい気持ちもあり、遠くてなかなか会いに行けない歯がゆさもあり。
私も心の中で手を合わせることにします。

お墓参り…私は母のお墓参りにあまりの遠方なため、かれこれ30年くらい行ってませんが、猫のお墓参りに行った時、住職にその事を話すと、心の中で手を合わせれば伝わりますよ、との事で、お墓参りに行けなくてごめんね、と母に謝って次第です。行きたいんだけどなぁ…

あんみつ姫さま。
お盆が過ぎ、彼岸も過ぎれば落ち着きますかね?
今朝も電子レンジがついてました。
前の家ではあまりなかったんですが、最近多いです。

それくらいの悪戯なら、様子を見に来てくれたと思ってやり過ごせます。

今週か来週か、お墓の掃除に行ってきます。

奥さま。
怖い結末…書けません(*_*;
書いてしまって現実になったら…と考えると創作でも書けないんですよね。

そうそう。家の跡取りにはかわりありませんから、皆さん気遣って訪れてるんでしょう。と思いたい。

うちには猫ちゃんがいないので、センサーライトがついたり、少し物音がしたらドキドキです。

夜は暗く危ないですから、もしかしたらご先祖様が気を利かせてくれたのかもしれませんね。

お盆の頃は、なんでもあり・・・みたいですが。

粉粧蝋さんのご家族は、ご先祖様がきっと守ってくださいますよ。

お母さんと息子くんのやり取りが微笑ましいので、あまり怖い結末じゃなくて良かったです。

きっと、ご先祖様も”血は繋がってないけどウチの跡取り”が、気になっていたんでしょうね。

ウチも時々、センサーライトが勝手に点いてる時ありますよ。
留守にしていて夜に帰宅した時、玄関ドアの窓から、上がり框のセンサーライトの光がボンヤリと見えた時は、さすがにビビりました(笑)
誰がつけた⁈って。

多分、猫です(笑)猫だと思いたい。
それか、ご先祖様の悪戯ですよね、きっと。