中編2
  • 表示切替
  • 使い方

猫のカリスマ

 南君は、今日も公園のベンチで寝そべっている。

南君はつい最近、ホームレスになった。職を失い、とうとう

家賃が払えなくなって、アパートを追い出されてしまったのだ。

南君には多少友達が居たけど、彼を居候させてくれるほど

仲の良い友達も居なかったし、だいいち南君自身が、友人の家に

居候させてもらうという選択肢を持たなかった。

もちろん携帯も支払いが滞っているから通じないので、友人との

連絡は一切とれなくなっている。

 南君は早くに両親も亡くなっており、親戚縁者も遠い所に住んでいるので

誰も頼る人はいない。

 私も南君を助けてあげたいのだけど、私にもそんな余裕は無い。

私も日々一日、食うや食わずのギリギリの生活をしているのだ。

 南君は職を探すでもなく、日がなベンチでゴロゴロしているのだけど、

一つだけ取り柄があった。南君は、猫にとても好かれるのだ。

今日とて、南君のベンチの周りには数匹の猫がタムロしている。

 「よしよし、いい子だね。」

そう言って南君が猫の頭やあごを撫でると、猫は気持ち良さそうに

目を細めるのだ。南君は猫のカリスマなのだ。

餌を与えるでもない南君に猫は夢中だ。

南君になびかない猫などいない。

マタタビの成分でも分泌してるんじゃないかと思うほどだ。

 私は南君に恋をしている。でも、私は南君と話したことが無い。

話すことができないのだ。毎日、遠くから南君を見ることしかできない。

 そんなある日、南君が私に気付いてくれた。見つめられてドキドキした。

「やあ、君、この辺では見かけない子だね。おいで。」

南君が私に手招きをした。嘘みたい。私は熱に浮かされたように、ふらふらと

南君に近寄って行った。

「君、変わった毛並みだね。女の子か。」

私に向かって言った。南君が私を抱き上げた。嬉しくて私は声を出してしまった。

「ニャー。」

「よしよし、いい子だ。僕と一緒に帰ろう。」

他の猫たちが羨ましそうに私を見た。私はその羨望の視線を受け優越感を感じた。

南君が、私を選んだ。

 南君の自転車のカゴに乗り、私は夕暮れの風を受け心地よかった。

橋の下のダンボールハウスに、私を抱いて南君は入って行った。

「はあ、お腹すいたな。じゃあ、いただきます。」

そう言うと、南君は冷たくて熱い痛みを伴う銀色の刃を私の額に振り下ろした。

Normal
閲覧数コメント怖い
9648
5
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

>雪姫様
コメントありがとうございます。ほのぼのしてると思ったら。

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

いーやーだー(>_<)南くん、ぶっ殺す〜(>_<)
私なんて、触らせてももらえない猫たちに、自分の食費を割いてご飯あげてるのに〜。
見つけたら生皮剥いで川に沈めてやるわ