短編2
  • 表示切替
  • 使い方

猫舐めずり

夜中の話でございます

nextpage

眠気と共に寝室へ向かう

ベッドに入り目を瞑る

時計の針の音が響く

チッチッチッチッ....

決まったリズムを刻む音が遠くの方で聞こえるようになってくる

だんだん夢の中へ...

nextpage

耳に違和感を感じ曖昧な覚醒の中

意識を集中させる

ベチャ...ネチャ....

耳を舐められている

とても丹念に舐めるその舌

「んぅ...誰だ」

自分の声が寝室に浮く

「にゃぁ」

猫だ

猫が耳を舐めてくる

何度も何度も舐める

「...もういいよ」

「にゃぁ」

耳を舐める舌が止まる

そして再び夢に落ちる

nextpage

今日も眠気と共に寝室に向かう

ベッドに入り目を閉じる

静寂と時計の針を刻む音

だんだん意識が遠のいていき

夢の中へ....

nextpage

耳に違和感を感じ曖昧な覚醒の中

意識を集中させる

ベチャ...ネチャ....

耳を舐められている

丹念に舐めるその舌

「ん...何...」

自分の声が寝室に響く

「にゃぁ」

猫だ また猫が耳を舐めている

「にゃぁ...」

「もういいよ...」

舌の動きが止まり 寝室が静かになる

だんだん夢の中へ向かっていくのを感じる...

nextpage

次の日の朝、昨晩の耳舐めを思い出す

舐められた耳を撫でながら冷静に考える

自分は猫を飼っていない

nextpage

耳を舐めるあの舌は猫の舌にしては大きすぎる

まるで人間の舌のよう

自分は一人暮らしだ

自分以外部屋に誰も居ない

あれは何なのだ?誰なんだ?...,

「にゃぁ....」

nextpage

おしまい

Normal
閲覧数コメント怖い
6032
4
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意

猫の舌は、ザラザラですもんね…私は起きろ!とまぶたを舐められた事がありましたが、痛かったですよ…