短編2
  • 表示切替
  • 使い方

母親

wallpaper:221

music:4

ある道路に女の子の幽霊が出るとの噂があった。

そこでは交通事故が多発しており、霊のしわざではないかという噂が流れていた。

近所の人が霊媒師を呼んで霊視をしてもらったところ、

過去にその道路で交通事故に遭い、亡くなった女の子の霊が悪さをしているとのこと。

その話が広まり、しばらくすると一人の中年女性がその道路の歩道に椅子を置いて座り込むようになった。

聞いてみると、交通事故で亡くなった娘の母親だそうだ。

話を聞いてみると、

自分の娘が成仏できずに悪霊となっていることに耐えられなかった。

もしもう一度娘に会えるなら話をしてみたいとのこと。

気の毒に思った近所の人が、霊媒師の言うことなど信じるなと言ってみたものの、

母親はとりあわず、何度言っても座り込みをやめる気配がなかった。

さすがに近所の人も何日かすると諦めて、母親に話しかける回数が少なくなった。

nextpage

そしてある日、その道路で事故が起こった。

いつも母親が座り込みをしている歩道に車が突っ込んだ。

運転手は間違いなく中年女性を轢いたと証言していたが、

そこに母親の姿はなかった。

そしてその日から、母親が姿を現すことは無かった。

nextpage

警察の話によると、事故にあった娘の母親は、

娘が事故で亡くなった後、故郷に戻って静かに暮らした後、

何年か前に病死したとのこと。

なお、座り込みをしていた中年女性の素性は不明だそうだ。

nextpage

それ以来、女の子の幽霊が出たという話を聞くことがなくなり、

交通事故も起きなくなった。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
4523
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

コメントありがとうございます。反響があって嬉しいです。また何か書きます。

死して尚、娘が心配でそこに来ていたんでしょうか…?母の愛ですね。

無事、問題解決!?
少し切なくもありますね…
面白かったです。