中編2
  • 表示切替
  • 使い方

北枕

皆さんはじめましてのぶくらいむです

今後から実体験の怖い話創作

いろいろ投稿するのでお願いします

nextpage

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・

nextpage

この日俺は友達のSにある

話を聞いたそれは北枕である

どうやら死人は北を向いて寝るから

頭を北に向けて寝ると駄目らしい

nextpage

全く馬鹿らしい話だ

そんなことは無視してその日は就寝した

しかしその日の夜中に問題が起きた

nextpage

丁度夜中の三時過ぎに

目が覚めた特別寝る時が

早かったわけでもない

どちらかと言えば部活で疲れて

いたから朝まで覚めるはずがない

nextpage

なんかやたらと耳鳴りがひどい

Sによると耳鳴りは死者が

耳元で叫んでいるとのこと

まぁそんなことは置いといて

早く寝なくては

nextpage

眠いはずなのに寝れない耳鳴りが

原因なのかふと時計をみると

四時ではないか本気でやばい

寝ないと学校がきつくなる

無理やり寝ようとしていると

nextpage

ふと思った北枕か・・・

そういえば今寝てるのって

北の方角だよなと夜中に嫌なことを

思い出してしまったものだな

ちょっと寝返りをうとうとしたら

おかしい体が動かない

nextpage

そういえばいつからか

耳鳴りもやんでいる

まさか金縛り?

いやあれは体が寝ていて

動かないだけとか聴くしな

nextpage

そんなことを考えていると

突然部屋が揺れ出した

地震か?いやにしても

物が落ちていないと

考えていると突然

部屋の窓が開いた

nextpage

何を考えていたのかそのとき

泥棒が来たのかと思っていた

体も相変わらず動かない

耳鳴りはしていないが

何だかうめき声のようなものが

耳元ではなく丁度部屋の窓の辺り

nextpage

何かが入ってきたとこから

聞こえていたその時やっと

気付いたあれは幽霊何じゃないのか

人間というのは不思議なものだ

意識すると怪我なら痛みが

怖いことには恐怖が

nextpage

俺はその時何とか意識しないように

していたがそいつは此方に近づいてくる

布団に入っているため見えはしないが

声が近付いてきてるため分かった

丁度背中の後ろ辺りまで来ると

そこで止まったいったいなにが

nextpage

するとそいつは俺の背中に

つかみかかってきた

その時とっさに死んだなと

思っていたその手はすぐに

離れて窓が閉まる音がした

nextpage

気付くと朝になっていた

体は何ともない

あぁ悪い夢を見た俺は

夢だったと思ったそうも

しないと怖かったから

nextpage

でもそれが現実だったと

思い知らされた

部屋で着替えていると

兄貴が背中に何か付いていると

は?と思い鏡でみると

nextpage

確かに何か付いていた

手形の何かが俺には

心当たりがあった

そう夜中だあれがまさか夢では

なかったなんてショックが

強すぎた

nextpage

しかもあいつのせいで

あんな事にもなって

しまうなんて

nextpage

end

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
50520
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

aoiさんコメありがとうございます
北枕は風水的に見てもいいらしいですね
でも磁力の関係で体にいいとは
驚きの事実ですね

表示
ネタバレ注意