短編2
  • 表示切替
  • 使い方

大好きな父さん

その日の朝、

父さんはいつもと変わらず目が覚めた。

「今日は日曜日か」

寝巻き姿のまま、居間に行くが誰も居ない。

「まだ皆起きて来てないのか?…そうか今日は日曜だからまだ寝てるんだな?

確か…昨日母さんは同級会とかで夜遅かったな…」

父さんはそのまま、居間を後にし、新聞を取りに行き、新聞を持ったままトイレに入り、しばらく籠った。

静かな朝…平日のバタバタした朝とは違い、

父さんはゆっくりトイレに籠る事が出来た。

トイレを後にし、

居間へ戻ると、

母さんと娘二人が座っていた。

そして何故か娘達は泣いていた。

「どうした、お前達。何かあったのか?」

ただ娘達は泣き、母親は黙って下を向いていた。

「…話してくれなきゃ分からないだろう?

何かあったのか?」

居間には泣き声だけが響く。

そして娘の一人がこう言った。

「父さん何でいるの?」

なんで……?

意味が分からなかった。

何でいるの?何で…?

「父さん、一年前に死んじゃったんだよ?」

そして母さんが、仏壇を指差した。

「俺の…写真…?

俺の写真が何で仏壇にあるんだ…?」

…毎日毎朝現れる父さん。

それは父さんが死んだ次の日からずっと続いていた。

最初父さんを見た時、母さんは切なそうに笑ってこう言った。

「父さん、おっちょこちょいだから、死んだの気付いてないんだね」

その内、父さんが自分で死んだ事に気が付くだろうって事で、私達は黙って見守っていた。

毎朝、部屋から寝巻きのまま起きてきて、居間で立ち止まり、

「まだ皆起きて来てないのか?…そうか今日は日曜だからまだ寝てるんだな?

確か…昨日母さんは同級会とかで夜遅かったな…」

と言い、新聞を取りトイレに籠る。

そんな事が毎日毎日繰り返されてた。

だけど、流石に可哀想と言うか、成仏して欲しいと思う様になり、

決心し話すことにした。

「そうか…俺は…

死んだのか…。

……そうなのか……。」

父さん…。

父さんは、何かを悟った様に、そのままゆっくり膝から倒れていき、

…消えていった…。

さようなら…

大好きな父さん…

どうか成仏してね…。

「今日は日曜日か」

次の日また父さんは起きてきた。

おっちょこちょいな父さん

成仏した事も

忘れちゃったんだね…。

怖い話投稿:ホラーテラー 村上さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
14300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ