愛と勇気しか友達がいない

短編2
  • 表示切替
  • 使い方

愛と勇気しか友達がいない

ぼく、アンパンヒーロー。

趣味は困っている人を助けたり、お腹がすいて動けない人に

自分の顔のあんぱんをあげたりして飢えをしのいでもらうこと。

ある日、ぼくはパン工場のおじいさんに、飢えている人がたくさんいる国へ

ボランティアに一緒に行ってくれないかと頼まれた。

もちろん、喜んでお供します。

その国ではお腹を空かせている人がたくさん居て、ぼくはたくさんのパンを運んだ。

ぼくはヒーローなので平気だけど、おじいさんは無理がたたって死んでしまった。

ぼくは、とても困った。

これでは、パンを焼く人が居ない。

ぼくの顔のスペアを焼いてくれる人も居なくなってしまった。

そこでぼくは、生まれ故郷の星に助けを求めたのだ。

たくさんのアンパンヒーローたちが飛来した。

「これからは自給自足で、まずは小麦から育ててパンを焼くことになるな。」

ぼくたちは一生懸命小麦を育て、パンを作り、なるべく多くの人にパンを食べてもらおうと

日々がんばった。

ところが、それも追いつかないほど、飢えは深刻だった。

ある日飢えた人々はパン工場を襲って略奪行為をし、パンや小麦、運営資金

挙句の果てには、抵抗できないアンパンヒーローたちも襲って食ってしまった。

顔だけでなく、肉までも。それは地獄絵図だった。

人々を傷つけるわけにも行かず、ぼくたちはわずか数人生き残った。

ぼくたちは空しくパン工場と農場を見つめた。

「なぁ、ぼくたちが今まで守って来たものって、何だったんだ?」

ぼくらはもう、この星には愛想が尽きた。

そこでぼくらは、同じ星に住む悪魔のような「ばいきん族」を呼び寄せたのだ。

「こんな星、君たちにあげるよ。」

ぼくらは、自分たちの星へ帰った。

ばいきん族の放ったウィルスで人類は滅亡したらしい。

地球は、ばいきん族の住みやすい環境になり、ぼくらの星からどんどん

地球に移住して行った。

「邪魔なばいきん族も出て行くし、いいこと尽くしだな。」

「ああ、所詮、正義など夢だ。」

ただ、パン工場のおじいさんと過ごした日々だけは

ぼくの胸の中に大切にしまってある。宝物だ。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
7925
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

>aoi様
ちょっとふざけた題名にコメントいただき、ありがとうございます。
人間はあさましい生き物なので、こういうこともあるかもしれません。
現にボランティアで異国に行って酷い目に遭う方も多々おられるようなので。

人間なんてね自分勝手なもんなんですよ・・・
事がうまく回っている時は「神様・仏様・我らの救世主様」なんて囃し立てておいて
事が滞るとなれば「お前は鬼だ!鬼畜にも劣る外道!この偽善者め!!」なんて
これまでの恩を忘れて責め立てる・・・
所詮正義の味方なんて美味しいホットミルクを飲んだ時に口に残る牛乳の膜みたいなもんです。

別に人助けを否定している訳ではないですよ?
でもね「見返りを相手に求めても無駄」って事。そこら辺を理解しないで
「正義の味方」は名乗っちゃダメって事です。

以上フォース(理性)の暗黒面に落ちた者の言であります(ーーノ

>「他に友達おらんのかい!」と突っ込むのは王道
激しく力一杯その意見に同意します。やっぱり正義の味方は孤独って事ですかね・・・

>ちゃあちゃん様
コメントありがとうございます。よく考えたら、顔が挿げ替えられるって怖いですね。生首ですよ。
>奥様
コメントありがとうございます。もうこれ怖話じゃなくなってますね。

な、なんちゅう哀しいアンパン男ですか(笑)
♪愛と勇気だけが友達さ♪
この歌に「他に友達おらんのかい!」と突っ込むのは王道でしたが、
突き詰めるとこんな哀しい話になってしまうのですね。
哀しいはずなのに笑ってしまうのは何故でしょうww

うはははは
そういえば、うちの姉はこのアンパンのヒーローが嫌いで、子供が小さい頃このヒーローのグッズを欲しがっても絶対に買ってあげなかったのを思い出しました…姉曰く、頭挿げ替えられるなんて、ヒーローちゃうやろ!