短編2
  • 表示切替
  • 使い方

ブログ。

東京にいる姉のアパートに遊びに行った。前々から夏休みを利用して行く予定だったのだが、なかなか姉と予定が合わず、結局冬休みになってしまった。

久しぶりに会う姉はとても綺麗で、都会的な空気に染まった女性、というイメージだ。とても長閑な田舎町から上京してきたとは思えない。

姉は仕事も恋愛も順調だそうで、色々話をしてくれた。高校生の私は、華やかな都会の生活を楽しむ姉を、半分羨望、半分嫉妬の思いで聞いていた。 

やがて夜も更けたので、姉はお風呂に入ると行って立ち上がった。私は姉を待つ間、リビングにあったノートパソコンを弄って暇を潰すことにした。

あれこれ掲示板を見ていた。すると気になる書き込みを発見した。

「このブログ、スゲェ!」

「ちょー赤裸々ww」

「ここまで書くとは……」

「ヤバいよ、これ。何考えてんだ」

「とにかく読んでみ」

そんな書き込みでいっぱいだった。ふと興味を覚え、私はそのブログを見てみることにした。

「え……、“キョーコたんのブログ“?」

それは姉のブログだった。タイトルからしていい加減だが、中身はそれを遥かに超えてヤバイものだった。

そこには赤裸々過ぎる姉の私生活が書かれていた。仕事でミスして先輩に頬をぶたれたこと、現在、妻子持ちの上司と不倫していること、彼氏とラブホに泊まったこと、自慰を週二のペースでしていること、巨乳に見えて実はパットで誤魔化していること、中学生の時、苛めから拒食症になったこと……目を疑いたくなるようなことが、面白おかしく書き綴られているのだ。

どちらかといえば控え目で、大人しい性格の姉が、まさかこんなブログを……。信じられないというより、痛々しくて恥ずかしかった。姉はブログで自分や彼氏や不倫相手のことなど、実名で表記しているようだった。これは問題だろう。

やがて姉がお風呂から上がると、私はノートパソコンのブログを見せ、「これはやり過ぎだよ」と非難した。姉は眉根を寄せ、パソコンを覗き込み、黙ってブログを読んだ。

そして呟いた。

「……これを書いたのは私じゃない」

Normal
閲覧数コメント怖い
1,4013
12
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

最近は個人情報の漏洩とかもあるから、女性には特に気をつけて欲しいですね。

ぎぇ~、人間不信になってしまいますね。

現実に起こり得そうなな怖さですね。
姉を妬んでいる誰かのキチガイじみた妄想のブログなのか、内容は事実で姉を陥れるためにしている変人のした事なのか…