短編1
  • 表示切替
  • 使い方

ユニットバス

ある社員が仕事先で仕事が遅れてしまい

会社の社長から近くにホテルを手配した

と言われてそこに泊まれと言われた。

その部屋に入るとまず目に入ったのは

ブランコに乗った髪長の女性の絵だった。

とても不気味だったのであまりみないようにしようと思った。

食料がないのでスーパーに行こうと思い

ユニットバスの湯船の蛇口をひねって出かけた。

帰ってきて部屋の近くまでくると

なにやら自分の部屋からカタカタ音がする。

あやしがってホテルの人についてきてもらい

部屋にはいった。

音はユニットバスの中から聞こえるので

恐る恐るドアを開けた。

それはただシャワーが水をだしながらうねっていただけだった。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
53300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ