短編1
  • 表示切替
  • 使い方

助けにきた

wallpaper:27

男性が体験した話。

夜中に誰かに手を引っ張られた感覚がして目を覚ます。

「おじちゃん起きて!早く!」

小さな女の子が手をぐいぐい引っ張りながらそんな事を言う。なんだなんだと目を擦りながら起き上がる。

「早く!外に出て!」

そのまま女の子と一緒に外へ出る。寝ぼけていて状況が飲み込めない。すると、

「火事だぁ!!」

と誰かが叫んでいる。

後ろを振り返ると一気に目が冴えた。

自宅が燃えていたのだ。

nextpage

wallpaper:141

いつの間にか女の子はいなくなっていて、彼は何故だか小さな日本人形の手をギュッと握っていたそうだ。

Normal
閲覧数コメント怖い
40100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ