短編1
  • 表示切替
  • 使い方

カーテン

深夜に録画してた劇的ビフォーアフター見ながらウトウトしてた。

そしたら急にパン!て耳元で手を叩いたみたいな音がして飛び起きた。

あ因みに僕は一人暮らしね。

勿論誰もいねーし夢かなって思ってたらカーテンがゆっくりと揺れてんの。よく見たら内側から押し当てたみたいに人の顔の形になってる。

もう鳥肌全開、で手元にあったリモコンをカーテンに投げつけたらそれは消えた。

あー怖かったってタバコ吸ってたら飼い猫がジッと俺の背後みてんの。

また鳥肌立ってきて、携帯見るふりして後ろが写る角度に合わしたらシワシワのおばあさんの顔がすぐ後ろにあった。目がギョロギョロ動いてた。

きづいたら裸足で近くのコンビニにいた。猫抱いて。

Normal
閲覧数コメント怖い
4691
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

やあロビンミッシェルだ。

まず始めの表紙絵で心臓か三秒止まってしまったよ…ひ…

俺の中では一番難しい一切の無駄を省き、文章を効果的且つ簡潔にまとめる君の才能に、とんでもない猛者が怖話に現れたなと奥歯が噛み合わない程に全身がガタガタと震え初め、目の前が真っ暗になってしまったよ…ひ…

三点だ!

次回も俺を震え挙がらせてくれ!…ひひ…