短編2
  • 表示切替
  • 使い方

ある所で団地に住む兄妹が、道路の上で遊んでいました。

二人とも楽しく遊んでいたところ、兄の方がある事にきずきました。

兄『なあ、さっきから地面の下でカリカリって音が聞こえない?』

妹『えーと、うーんと、あっ!ホントだ!』

兄『何の音だろ。』

妹『人が工事してるんだよ。』

兄『いや、もしかしたら、人が閉じ込められてるのかも!』

兄はそう言って地面に耳をあてて、

『おーい、君はこの下に閉じ込められているの?』

と、呼びかけてみました。

すると、一瞬音がやみ、今度はそれに答えているように激しくカリカリいいだしました。

兄『やっぱり誰かいるよ』

兄は下に誰かいるのを確認して、

兄『じゃあ今から僕の質問に答えてよ、イエスだったら音を一回、ノーだったら音を二回だよ!』

カリ(イエス)

兄『じゃあ、君は生まれた時からここにいるの?』

カリ

兄『じゃあ、君はずっと前からここを掘ってるの?』

カリ

兄『じゃあ、君は人の言葉が話せるの?』

カリ

兄『じゃあ、君は人間?』

カリカリ(ノー)

兄『じゃあ、君はいつからここにいるの?日数を言ってみて?』

カリカリカリカリカリカリカリ・・・・・・・・

兄『・・・っ、じゃあ、ここにいる年数を言ってみて?』

カリカリカリカリカリカリカリ・・・・・・・・

妹は急に気味が悪くなって、

妹『もういいよ兄ちゃん、やめよう・・・』

兄『だめだよ、閉じ込められてるんだから可愛そうだよ。』

兄『じゃあ、君には仲間がいるの?』

カリ

兄『じゃあ、何人いるの?』

カリカリカリカリカリカリカリ・・・・・・・・

兄『君、ここから出たい?』

カリ!

兄『じゃあ僕について来て。』

カリ!

そう言って兄は地面の中に聞こえるように大きな足音をたてて、花壇のある方へ走っていった。

すると、

兄妹の母『もう家に入りなさい。』

兄『はーい、ちぇっ、しょうがないな・・・』

兄妹は家の中に帰って行きました。

次の朝

団地の人『ちょっとこれ見て!』

そこには荒らされた花壇の姿

そして、そこには大きな大きな足跡がくっきりと、外へ外へ続いていた。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
25000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ