短編1
  • 表示切替
  • 使い方

祖父との思い出

wallpaper:69

旅行に行く祖父に留守番を頼まれ、三日間祖父の家でひとり過ごすことになった。

nextpage

こんな頼み事は初めてで、なぜ私に頼んだのか疑問に思った。

nextpage

小さい頃から、私はこの古びた洋館が嫌いだった。

nextpage

皮のかび臭い部屋。

暗くて長い廊下。

明かりのつかない、埃の溜まったシャンデリア。

あの出来事。

nextpage

荷物を入れたバッグを応接間に置き部屋を見渡す。

nextpage

応接間の大きなガラスの灰皿から煙草の煙が揺らめいている。

nextpage

nextpage

階段の上から

nextpage

nextpage

nextpage

旅行に行ったはずの祖父が、口を開けながら僕を見つめていた。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
45320
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

コメントありがとうございます。

続編は書きません。まだまだ文書を書くことに慣れていないので。

何が祖父との思い出なのか分からない……続きはありますか?