中編2
  • 表示切替
  • 使い方

犬盗りの話

music:1

wallpaper:833

犬盗りの話

某Aから聞いた話です。

nextpage

場所は伏せますが、福岡県とだけ書いておきます。

Aがまだ、高校生だった頃の話です。

いつもの下校時間。

いつもの通学路。

田舎町特有のツタの絡んだ古びたフェンスにヒビの入った電柱。

nextpage

何一つ変わらないいつもの風景。

いつも通り歩き、いつもの踏切で電車を待つ。

nextpage

カーン

カーン

カーン

カーン

nextpage

遮断機の前で電車が通るのを待つ。

しかし、何か違和感を感じる。

線路の方からだ。

nextpage

music:3

線路に見知らぬ白い大きな毛の塊が転がっていた。

その毛の塊は

モゾリ

と微かに動く

毛の塊だと思った物は

しっかりとこちらを見つめ

鳴いた。

nextpage

shake

wallpaper:867

わん。

nextpage

music:3

それ

は犬の頭の形をしていた。

犬の頭のみのそれは、

はっきりと、

人間のような発音で、

しっかりと、

鳴いた。

nextpage

Aは突然の事に硬直した。

wallpaper:833

電車がやってくる。

大きな犬の頭の上を走る電車。

sound:38

nextpage

すると跡形もなくその犬の首はきれいさっぱり無くなっていたのだ。

nextpage

wallpaper:862

その数年後。

Aは母親から衝撃的な話を聞いた。

nextpage

「昔はこの辺も犬盗りのせいで犬を外で飼えなかったんだよ」

聞きなれない単語にAは犬盗りとは何か、と聞いた。

nextpage

wallpaper:608

「昔はね、犬の肉は高値で売れたんだ。赤い犬が美味しいと言われていたが、皮を剥いてしまえば分からないから、皮を剥いて肉にして売っていた。○地区の人間は片っ端から犬をさらって殺して売った。野良犬が居なくなると次は民家で飼われてる犬を盗んで肉にした。」

nextpage

「昔は殺された犬の頭がそこらじゅうに転がっていたよ。」

nextpage

その時、Aの脳裏に昔見た犬の頭が浮かんだ。

あの犬の頭は、殺された犬たちの怨念なのかもしれない。

nextpage

wallpaper:878

sound:2

終わり

Normal
閲覧数コメント怖い
4960
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ