長編7
  • 表示切替
  • 使い方

笑う何かと曾祖母

正月は母方の祖母と過ごすのが、我が家では慣例となっている。大晦日に、両親と共に祖母の家に向かい、両親は二日、僕は四日まで過ごすのだ。

序でに書いて置くと、父方の祖母とは絶縁しているので挨拶には行かない。

「弟か妹なら、妹をよろしく。」

二日の正午、例年通り、そう言って両親を送り出した。

nextpage

~~~

祖母は、叔母夫婦、そして曾祖母と同居している。今は、帰省中の従兄弟も一緒だ。

家は二階建てで、僕の住んでいる家より、ずっと部屋が多い。

僕には二階の一室が宛がわれていて、窓からは直ぐ近くの山が見える。まぁ、山が見えるのは窓からだけでは無いが。

家自体がグルリと山に囲まれている。此の家だけではない。此の地域の殆どが山に埋もれているのだ。

店らしき店も、殆ど無い。

近くの自動販売機に行くのに車を出すレベルの田舎。其れが祖母達の住んでいる町だ。

nextpage

~~~

三日の朝、祖母と叔母達が、近くの市に遊びに行くのだと言った。

デパートで福袋を買うらしい。

僕は付いて行かなかった。

曾祖母を独りにしておくのが心配・・・・・・と言う名目だったが、本当の所、人混みが苦手なだけなのだ。

持って来た本を読みながら、僕はぼんやりと床に寝そべった。

nextpage

~~~

何時の間にか眠っていたらしい。

誰かの笑い声で目が覚めた。

見ると、辺りは薄暗い。

今が何時かは分からないが、昼を疾うに過ぎているのは確かだろう。

「・・・・・・あ。」

曾祖母に昼食を運ぶのを、すっかり忘れていた。

きっと、曾祖母の事だから、何かしら食べたとは思うが・・・・・・。

背伸びをしながら、寝返りを打つ。

布団を敷かずに寝てしまったので、首が酷く痛かった。

笑い声は未だ続いている。

「・・・・・・誰の。」

此処は自宅では無い。山に囲まれた祖母の家なのだ。

寝転んだまま、耳を澄ませる。

nextpage

「わはははは、わはははは。」

一文字ずつ区切る様な笑い声だ。声は太く、どうやら男の物らしい。

アニマル○口に似ている、と思った。

「わはははは、わはは、わはははは。」

誰かと話をしている訳でも無い様だ。ひたすらに笑い続けている。

「わはは、わは、わはははははは。」

酔っ払いか何かだろうか。

僕は起き上がり、窓を覗いた。

nextpage

~~~

山道に等間隔で設置されている街灯。其れに、照らされている白い《何か》が見えた。

寝起きで視界がボンヤリしているので、細かい所は良く分からない。

目を擦り、もう一度窓の外を見る。

見えたのはやはり、白い《何か》だった。

「何・・・・・・?」

大きさは、丁度人間位の大きさだろう。然し、其の見た目は人間とは程遠い。

全身が白く、部分的に膨張と収縮を繰り返しながら、揺れている。

風を孕んだビニール袋の様にも見えたが、頭らしき出っ張りと四肢が有る。

どうやら生き物らしい。

二足歩行に似た動きで、ゆっくりと山道を下っていた。

顔は、目鼻処か笑い声を出すのに必要な口も無く、のっぺりとしている。

明らかに人間ではない。

然し、動物にも見えない。あんなブヨブヨと頼り無い身体では、山では到底生き残れないだろう。

暗い中に浮かび上がる様な白は、其の姿の異様さを余計に際立たせた。

ユラユラと進んでいた《何か》が、ピタリと止まった。ビクビクと身体を痙攣させる。

「わはは、わはははは、わは、わははは。」

《何か》の方から、あの笑い声が聞こえた。

間違い無い。笑い声はあの《何か》から発せられている。

あれは一体、何なのだろう。

「わははは、わははは、わはははは。」

人ではない。動物でもない。

生き物かどうかさえ、危うい。

「わはははは、わは、わはははは。」

だが、笑っている。確かに声を発している。

・・・・・・何だ、あれは。

僕は更に目を凝らした。

nextpage

~~~

白い《何か》が、またピタリと止まった。

だが、今度は痙攣をせず、下を向いたまま、動かないで居る。

「・・・・・・・・・ん?」

どうしたのだろう。

身体の膨張と収縮も止まり、まるで固まったかの様にじっとしている。

次の瞬間。

「わはははははははは。」

グリン、と勢いを付けて、《何か》が顔を上げた。勢いが良すぎて、今度は変な方向に頭が捻れる。

「わ は は は は は は は は は は は は 。」

捻れた頭をぎこちなく動かし、《何か》が

nextpage

僕の方を、向いた。

「・・・・・・っっ!!」

目が合った

あの《何か》には目は無いのだが、直感で分かる。

あの白い《何か》は、僕を見た。

「わはははは、わは、わは。」

笑い声は未だ聞こえる。

もしかして、さっきのは思い込みで、本当は気付かれていなかったのだろうか。

恐る恐る窓の外を見る。

nextpage

「わはははははははは、わは。」

白い《何か》は、じっと、僕の方を見ていた。

目の無い顔で僕の方を見たまま、ユラユラと山道を下っていた。

腕を冷たい汗が伝う。

「どうしよう・・・・・・。」

寝ている間音楽を流しっぱなしにしていた為、携帯電話の充電が切れている。

兄達に連絡を取れれば良かったのだが・・・。

駄目元で電話を掛けようとしたが、数秒も経たない内に切れてしまった。

あの白い《何か》は、山を下っていた。山道はもう終わる。そうしたら家の近くの道路に出る。此方に来る。此の家にーーーーー

「・・・・・・大婆ちゃん。」

逃げなくては。曾祖母を連れて。

ある程度距離が有る内に。

取り敢えずは一番近いコンビニを目指そう。携帯の充電器を買って、兄と連絡を取るのだ。

急がなくては。

僕は財布と携帯電話をポケットに収め、部屋を飛び出した。

チラリと窓の外を見遣ると、白い《何か》は、山道を下り終え、此の家に続く方の道を、ユラユラと進み始めていた。

nextpage

~~~

階段を駆け下り、一階へ。

曾祖母の部屋は玄関から向かって一番奥だ。

一番山に近い。

悪い予感が胸を過る。

嫌な考えを振り払う様に、廊下を走り抜けた。

大きな襖が見えた。曾祖母の部屋だ。

「大婆ちゃん!!」

僕は全力で、襖を開け放った。

nextpage

~~~

「襖をそんな強く開けちゃ駄目よ。」

曾祖母の部屋は暖かく、甘い匂いが立ち込めていた。

おっとりとした物言いに、緊張感が薄れる。

僕は慌てて言った。

「ごめん。でも大婆ちゃん、逃げなきゃ!!」

「大丈夫だよ。」

「大丈夫じゃないんだって!!」

「婆ちゃんの部屋に居れば、大丈夫。」

曾祖母はニコニコと微笑んだ。

僕は完全に毒気を抜かれた。

何だか本当に大丈夫な気さえして、僕は小さく

「うん。」

と頷いた。

「開けっ放しにしてたら、部屋が冷えるでしょう。」

「はい。」

言われるがままに、襖を閉めた。

部屋のカーテンは閉められていて、外の様子は見えない。

橙色の電灯が、部屋を照らしていた。

「○○は何時も、頂戴良い時に来るんだねぇ。」

曾祖母はそう言いながら、石油ストーブの上に置いてあった小鍋の中身を掻き回した。

鍋の横にはアルミホイルを敷かれ、程好く焦げ目の付いた餅が膨れていた。

「お昼食べてないから、二つは食べられるでしょう?少し待ってて頂戴。」

トポン、トポン、と餅を鍋に落とす。

鍋の中身を覗くと、お汁粉が入っていた。

「昔から、婆ちゃんが美味しい物食べようとすると、何処からか○○が来てね。」

曾祖母が、ストーブの脇で布巾を掛けられていた盆から、朱塗りの椀と湯呑みを取り出す。

「其処のポットを、取って頂戴。」

「はい。」

小さな花柄のポットを、曾祖母の横へと移動させた。

「はい。有り難うねえ。」

曾祖母がポットの中身を湯呑みに注ぐ。

「起きたばっかりで、喉渇いてたでしょ。」

手渡された湯呑みに入っていたのは、温かい番茶だった。

言われて初めて、喉の渇きに気付く。

「・・・・・・ありがとう。」

少しずつ茶を飲んでいると、今度は餅の入れられたお汁粉の椀が差し出された。

「はい。此れも。」

「うん。ありがとう。」

お汁粉は美味しかった。

「起きてたら持って行こうと思ってたんだけど、○○の方から来てくれて、本当に良かった。ほら、最近階段が少しだけ辛くなって来たから。」

曾祖母は相変わらずニコニコしながら、お汁粉を食べる僕を見ていた。

nextpage

~~~

お汁粉を食べ終えると、曾祖母は御手玉を始めた。

シャリシャリと小気味良い音を経てながら、一つ、二つ、と空中の御手玉が増えて行く。

僕はボンヤリと其れを見ていた。

笑い声は聞こえていない。

「大婆ちゃん。」

「んん?」

「変なモノを見たよ。」

「そう。」

「白くて、ブヨブヨしてて、顔が無いのに大声で笑うんだ。」

「大丈夫だよ。何もしないから。」

「でも、此方に来るんだよ。」

「婆ちゃんの部屋に居れば、大丈夫。何も出来ないし、入っても来れないから。」

「だけど・・・・・・」

「○○は怖いんだね。」

「うん。」

僕が頷くと、曾祖母はヒョイと、一つだけお汁粉にいれずに残っていた餅を手に取った。

「じゃあ、しょうがない。」

カーテンを開く。

nextpage

磨硝子の向こうに、白いシルエットが浮かび上がっていた。

「意地悪なお化けには、帰って貰おうね。」

カチリ

窓の鍵が開く音。

曾祖母が、僅かに開いた窓の隙間から餅を投げた。

nextpage

「わ は は は は !!!!」

白いシルエットが窓一杯に広がり、消えた。

曾祖母がゆっくりと振り返る。

呆然としている僕を見て、もう一度、優しく微笑んだ。

「言ったでしょう。大丈夫だって。」

Concrete
閲覧数コメント怖い
1,85512
15
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

☆チィズケェキ☆さんへ
コメントありがとうございます。

明けましておめでとうございます。
今年もこんな調子では有りますが、出来る限りの事をしていきたいと思っています。お付き合い頂ければ幸いです。

そう・・・・・・ですね?
そう言われれば、似ていた気もします。
お汁粉やお雑煮の中でグチャグチャに溶けた餅に、似ていた気がして来ました。
でも、あれがお汁粉やお雑煮に入っていたら、食欲が一気に失せると思います。

餅には魔を払う力が有るのだとか。
曾祖母は知っていたのでしょうか?

神・・・・・・にも、色々と居ますからね。あんなのが居ても、可笑しくないかも知れませんね。

☆チィズケェキ☆さんが実りの多い一年を過ごす事が出来ます様、微力ながら祈っております
§^ェ^§

返信
表示
ネタバレ注意
返信

紫さんへ
コメントありがとうございます。

明けましておめでとうございます。
御期待に沿えるかは分かりませんが、精一杯頑張って行きたいと思います。宜しければ、お付き合い下さい。

曾祖母が追い払ってくれなかったらどうなっていたのか・・・・・・。予想が付かない分、何だか恐ろしいです。

どうなのでしょう。対処法を知っていたのだから、知っていたのだとは思いますが・・・。

返信

明けましておめでとうございます☆紫です(*^-^*)

今年も紺野さんのお話楽しみにしております♪

今回のお話も凄く怖かったです(>_

返信

リュミエールさんへ
コメントありがとうございます。

明けましておめでとうございます。
此方こそ、宜しく御願い申し上げます。

頼りがいは昔から有りましたが、あんな事まで出来るとは全く知りませんでした。

此方に帰ってからネットで調べてみましたが《笑い女》や《山姫》等、女性の形をしている妖怪が殆どでした。例外として見付かったのも、男の姿だそうですし・・・・・・。

恐らく、正式な名は無いのだと思われます。

返信

明けましておめでとうございます、本年も宜しくお願い致します。曾祖母の温かさと頼りがいが素晴らしい。山の怪なんでしょうか?気になります。

返信

kronekof(s5tyh)さんへ
コメントありがとうございます。

そう言って頂けると嬉しいです。
あの後、曾祖母に色々聞いてみたのですが、結局全てはぐらかされてしまいました。
もう、一生勝てる気がしません(笑)

返信

mamiさんへ
コメントありがとうございます。

明けましておめでとうございます。
何かと至らぬ所は有りますでしょうが、生温かい目で見守って頂けたら幸甚に思います。

曾祖母に聞いてみても、説明はして貰えませんでした。
幽霊にも見えませんでしたし・・・。本当に何だったんでしょう。妖怪か何かでしょうか。

母は強し。祖母はもっと強し。曾祖母は最強。
自分で言うのも何ですが、凄い人ですよ。
昔から世話ばかり掛けているので、只今、恩返しを計画中です。

猿の方ですね。仕事の特性上。
兄さんの方は年末年始が一番の書き入れ時なので、邪魔をしたり、余計な心配を掛けたくないんです。

返信

いつも楽しみに読んでいますが、今回は、なんとなく、ホンワカしました。

返信

明けましておめでとうございます。
今年も、たっぷり楽しませていただきます。

何者か分からない者って怖いですね…しかも、こちらに来られるとなると…窓の外を見るのが怖くなりました。
おばあさま、素敵ですね。温かさが伝わってきました。

ところで…こんな時に助けを求める《兄》はどちら?

返信

紫月花夜さんへ
コメントありがとうございます。

明けましておめでとうございます。

僕も驚きました。はっきり言って恐ろしささえ覚えました(笑)

豆餅って自宅で作れるんですね。僕の所は、餅は市販の物ですが、お汁粉は曾祖母の作った物でした。

去年・・・・・・。豆を何かに使いましたっけ?節分の時に顔面に押し付けられはしましたが・・・。

どうぞ宜しく御願いします。
今年は少しだけ忙しくなってしまう年なのですが、其れでも書き続けたいとは思っていますので、お付き合い頂けたら幸甚です。

のり姉が大人しく・・・・・・まぁ、十中八九はならないでしょうね。奇跡を願うしかありませんね。のり姉にも其れ程のモラルと奥ゆかしさが有れば今頃・・・・・・。

のり姉だけでなく兄達や店長も居ますからね。益々騒がしい年となりそうです。

弱い人も居ない事は無いんですよ。蛞蝓先輩とか。でも、やはり頼もしい女性が多いですね。
何故でしょう。冷や汗が・・・。

返信
表示
ネタバレ注意
返信