中編3
  • 表示切替
  • 使い方

心霊スポット巡り

自分が大学生の頃の話。

友達が車を買ったと、ドライブに連れ出された。

夜中の10時だというのに、

男3人で海へ行くらしい。

渋々、ドライブに付き合い、

海まで行き、眺めて、帰った。

帰り道、コンビニに寄って、不意に、カーナビを見た。

周辺地図の中におかしな、マークがあった。

それは、ドクロマーク。

危険地帯か、何か、なのかと思い、さわると、

『心霊スポット ○○神社』

ドクロマークは、心霊スポットを表示していた。

よくよく、調べると、宿泊、娯楽、などのカテゴリーの中に、心霊スポットまであった。

開くと、日本各地の心霊スポット5000件が入っていた。

その事を、2人に教えると、

「行こうぜ!」

怖いもの好きな、自分としては、賛成だった。

周辺を調べると、そこから、10分ほどで行ける心霊スポットが3つもあった。

近い順に、行くことにした。

始めは、○○神社。正確な名前は、忘れてしまった。

結果、何もなかった。

街灯もあって明るく、つまらない場所だった。

次は、「雄蛇ヶ池」

カーナビが連れてきたのは、防波堤のような場所だった。

車を降り、防波堤を登ると恐らく、池の縁。

今度は、暗すぎて、回りがよくわからない。

防波堤づたいに、歩くと、明かりが見えた。

その明かりを目指し歩くと、

「あれ。人じゃね?」

よく見ると、明かりは、街灯だった。

その下に、いるらしい。

確かに、影が見えるが、人かどうかわからない。

近くに行って確認するため、進むと、二人が怖がりだした。

「戻ろうぜ!」

言った瞬間、

バシャバシャバシャッ!!

「うお!!」

さすがに、自分も声をあげて、驚いた。

カモだった。

カモが驚いて、騒いだだけだった。

「カモだよ。びっくりしたぁ。」

二人は、居なかった。

車に戻ると、二人がいた。

「おい!」

懲りずに、次、

『活魚』

お魚屋さん?

この時は、おかしな名前に笑ってた。

ナビ通りに進むと、車が一台がギリギリ通れる農道を通った。

舗装もされていない道なのに、ナビは、案内を続けた。

目的地の方角を見ると、確かに、『活魚』の看板が見えた。

かなり、近くまで来ると、坂を登り、活魚へ行く道と、その下を通る道の二手に別れていた。

「ここまで、来たら行くしかないでしょ!」

さっきは、逃げたクセに、大口を叩く。

まぁ、賛成だったが。

ナビが、急に、

「目的地方面は、通行止めのため、修正します。」

確かに、活魚への道は、バリケードで封鎖されていた。

仕方なく、下の道を通った時、

自分は、下を見た。

見上げれば、活魚が見えるのに、見れなかった。

見ては、いけない気がして、顔を上げられない。

「お前ら、活魚見れる?」

「俺も、下向いて前向けない。」

と、運転手が言った。

「お前運転は?!」

「してる。体が勝手にしてる。」

時速10キロほどだろうか、ゆっくり車は、

進んだ。

不意に、窓から光が差し、上を向くことができた。

光は、活魚に隣接するラブホだった。

後ろを振り向くと、活魚は、通り過ぎていた。

ナビは、いつの間にか、自宅アパートをナビしていた。

「怖かったぁ。どうするもう一回行ってみる?」

「いや、やめた方が、いい。ナビが帰れって言ってる気がする。」

自分で言うのもなんだが、こういう時の勘は、あたる。

いや、当たった。

結局、アパートに帰り、それ以降、何も起きなかった。

が、2日後、

活魚で、女性の死体が、見つかった。

犯人も、捕まっていた。

なんでも、彼女と口論になり、カッとなって殺してしまい、死体を隠すのに、心霊スポットで人が来ない、活魚を選んだらしい。

そのニュースを聞いたとき、

血の気が引くと、いう意味を初めて知った。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
6681
3
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

すごくよくできて怖いです。