中編4
  • 表示切替
  • 使い方

白黒テレビ

昭和の時代になりますが、わたしが小学低学年だった頃の話にさかのぼります

nextpage

nextpage

あの頃のわたしはおかっぱ頭にピンクのジャケットに青いズボンを履いていて、サッカーが好きな活発な女の子でした。

nextpage

わたしの家族は父親に母親、一つ上の姉に弟、妹が2人います。

私を含め全部で7人家族でした。

nextpage

父親は運搬業をしていて、トラックの荷台に寝泊まりしながら懸命に私たちを養うためにほとんど仕事漬けだったので帰ってくるのは日曜日だけです。

nextpage

日曜日は家族でお出かけするのが日課になっていて、その日をいつもいつも楽しみにしていました。

nextpage

いつものように日曜日の朝は、父親は帰ってきたらすぐにシャワーを浴びてそれから朝ごはんを食べて話をしてから皆で出かけます。

わたしは前日、明日はどこに連れてってくれるのかなぁ〜〜?お父さん??

nextpage

そんなことを考えながら過ごしたので

楽しみのあまり寝れなかったのです。

寝たのは朝方だったと記憶しています。

nextpage

日曜日のその日はいつものように父親はシャワーを浴びていました。

nextpage

わたしは

コタツの中でうとうと

nextpage

シャワーが終わる頃には起きていようと決めていました。

nextpage

眠気には勝てず

ついにわたしは眠りに落ちました。

nextpage

はっと気がつくと

nextpage

夕方になろうとしてる頃に目が覚めました。

nextpage

辺りをキョロキョロ見回すと

nextpage

だれもいない…

nextpage

あんなにうるさかった家族の声は全く聞こえてこないのです。

nextpage

しずかなこえで「おとぅさーん」

nextpage

………。

nextpage

はっきりと「おと〜さーん!!」

nextpage

………。

nextpage

「おかぁさーん」

nextpage

………。

nextpage

「おか〜さーん!!」

nextpage

頭の中が真っ白になりました。

nextpage

置いていかれたんだぁ…

うわぁぁあああん!!泣

nextpage

泣いても誰もきてくれません

nextpage

わたしは諦めて、テレビをつけました。

テレビについてる丸いチャンネルを左右に回しながらチャンネルをかえました

nextpage

白黒テレビ、

映りがわるいなぁ

ザーザー

なかなか

どのチャンネルつけてもつきません。

nextpage

12チャンネル

「お母さんといっしょ」

映った

nextpage

しばらくみてみると

shake

nextpage

sound:14

nextpage

shake

nextpage

sound:14

nextpage

どこからかきこえる

この音

まわりをキョロキョロします

nextpage

wallpaper:853

nextpage

テレビにぼゃーっと

何かがうつりはじめました

nextpage

坊主頭の男の子

白いタンクトップに半ズボン

nextpage

その横には

おかっぱ頭の赤いちゃんちゃこを着た女の子が

ぼゃーっと移りました。

nextpage

あれあれ?なにがはじまるのかなぁ〜

みてみると

shake

nextpage

遠くに見えたのが

近づいてくるではないか

nextpage

一歩一歩前へ

nextpage

まるで道があるかのように

こちらに近づいてきます。

よくよくみると

shake

無表情です。

nextpage

たち止まらずこちらにきます。

まるで目の前にいるようなそんな錯覚に落ち入りました。

女の子の顔が

ニターリ

不気味に笑ってるかのようにみえました

気味が悪くなってきました。

テレビを消そうと思ってスイッチをいじります。

nextpage

shake

ガチャガチャ

ガチゃがちゃ

消えない!!

はっとテレビをみると

立ち止まってこちらを

じーっとみているではないか

shake

こわくなってきて、コンセントを抜こうとしたらコンセントは始めから抜いてありました。

はっとしました。

おばけ??

ゆうれい??

どわー!!

かなり驚いて

心臓バクばくです。

こわくなってきてワンワン大声で泣きました。

nextpage

「おとぅさーん」

nextpage

………。

nextpage

「おと〜さーん!!」

nextpage

nextpage

「おかぁさーん」

nextpage

………。

nextpage

「おかぁさーんこわいよぉーこわいょぉ」

nextpage

コタツの中に入ってブルブル震えながら叫んでいました。

気づいたら自分を呼ぶ声がしました。風邪引くよ

おかぁさんの声でした。

どうやら、コタツの中で寝ていたみたいで起こされたのです。

nextpage

「おかぁさーん」

nextpage

………。

nextpage

「おかぁさーん!!さみしかったよぉ!!こわかったよぉ」

nextpage

そのときはこれで終わりました。

大人になって結婚をして

何年か経って皆で集まったとき昔話に花が咲きました。

そういや、あの頃、みんなどうしておこしてくれなかったのー

どこにいってたのー??

お姉さんが言う

寝ていたからお母さんがそぉーっとしておこうねって

皆で買い物行ってかえったんだよー

わたしね、

わたしね、あの頃こわーい想いしたんだよ。

あの白黒テレビ、あれ男の子と女の子が映るんだよ。すごくリアルでこわかったぁ…

お姉さん「あれって、うちのお母さんが拾ってきたやつなんだよね。

あの テレビ おかしくなかった??

ザーザー

移りもよくなかったけど

急に切れたり したよねぇー」

一気に寒気がガクブル

実話です。

Normal
閲覧数コメント怖い
4571
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

やたらと拾ってくるものではありませんね。こ、こわいです。