短編1
  • 表示切替
  • 使い方

某トンネル2

music:6

これは某トンネルの続きです

山頂で写真を撮ったり喋ったりしていた

時刻は深夜1時を過ぎたとこだ

皆は帰るかと言い帰る準備をした

しかしAもBも帰りたくなかった

帰るにはまたトンネルを通らないと帰れないのだ

しかし帰らなければいけない

Aは嫌々ながら原付に跨がった

原付を走らせトンネルに入った

しかし今度は声がしない

A「俺の気のせいやってんな」と思っていたが

半分くらい来たところでまたあの声が聞こえた

しかしさっきと雰囲気が違う

「……ね」

「……ね」

出口に近づくにつれて声が大きくなる

AとBは聞こえていたが他の仲間には聞こえていない

ので少しスピードを上げ早くトンネルから抜けようとした

出口に差し掛かったときAははっきり声を聞いた

「……死ね」

その声を聞いた瞬間原付がスリップしそのまま転倒

Aは救急車で運ばれ3日間ICUに入っていました

退院後Aに逢うと

A「俺一生走れねぇーわ」と笑って言いました

現在もAは車椅子で生活しています

あの写真と何か関係があるのでしょうか……

初投稿です文章もめちゃくちゃですいません

読んで下さりありがとうございました。

Concrete
閲覧数コメント怖い
2600
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ