中編2
  • 表示切替
  • 使い方

コロサレタ

これからお話する事は本当におこった

お話です。

まず私は小さい頃にいろいろあり

霊感があります。

多分強いほうです。

nextpage

ある日朝早く電話がかかってきた。

女の人が死んでるって。。。

nextpage

多分そうゆうのってみんな興味本位

なんでしょうね。

死体を見た。川に女の人が浮かんでいた。

そう興奮しながら話す内容を

私は聞いていました

nextpage

しかし一番いやなことに

その事故現場をどうしても

通らないといけない。

そこを通らないと仕事にいけない。

nextpage

最悪だー。と思いながら

とりあえず通るときは

事故現場をみないようにしよう。

そう思い仕事にいきました。

nextpage

そして家を出てすぐ近くの事故現場の通りに

まだ警察がいろんな人に話しを聞いてました。

そして私にも近づいてきました。

「あのー。ちょっとお聞きしたい事が」

nextpage

「はい。なんですか?」

内心めんどくさいなとおもいながら

警察官の人をみたんですよ、、、

そしたら、、、

nextpage

真後ろに女の人がいるんですよ。

あー。これは生きてる人間じゃないな。

そうとっさに思いました。

だって全身ずぶ濡れなんですよ。

nextpage

私はとっさに目をそむけました。

すると

「どうかされましたか?」

そう言われまた警察官のほうに目をむけると

nextpage

まだいるんですよ。

そしてなにかつぶやいてるんですよ。

nextpage

私はなにか伝えたいのか?とおもい

警察官の後ろにいる女の人の口元を

みたんです。

最初はなにを言っているのか

口の動きだけではわからなかったんです。

nextpage

でもなんとなくわかったんですよ。。

女の人がつぶやいていた内容は

nextpage

コロサレタ。コロサレタ。コロサレタ。

すると。

nextpage

「どうかされました?顔色悪いですよ」

と警察官の人に言われ

ふと我に返りました。

私は女の人がつぶやいているなんて

いえませんでした。

nextpage

結局いまも言えないままです。

多分いや絶対信じてもらえないから。

長文すみませんでした。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
8891
7
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

霊感が強い人はうらやましくもありますが大変ですね。