長編7
  • 表示切替
  • 使い方

幽霊少女のお話。

此れは、僕が高校1年生の時の話だ。

季節は春。

《幽霊少女の嘘》の続き。

nextpage

・・・・・・・・・

「アホか己れは。」

平然とした顔でピザポが言い放った。

部屋の空気が一気に凍り付く。

ユミちゃんは鋭い目付きでピザポを睨んだ・・・が、何かを言う事は無かった。

ピザポが忌々しそうに鼻を鳴らす。

「まぁ、自覚した分マシだけど。」

「言うねぇ、ピザポ君。中々此のタイミングで言えるもんじゃないよ。」

のり姉がニヤリと頬を歪めた。

「けど、話の途中に口を挟まないで。気持ちは解るけど、折角の山場何だから。後で聞いてあげるよ。ちゃんとね。」

そして、ゆっくりと瞬きをした。

右手を軽く上げ、ユミちゃんを促す。

「さぁ、続きをどうぞ。」

ユミちゃんは何処か厳かに頷いた。

有りがちな表現かも知れないが、例えるなら、静まり返った水面の様な、静かな表情だった。

「・・・・・・何処かでは、薄々感付いていたの。でも、あれ以外の形で大切にされる事を、知らなかった。いや、違う。知ってはいたんだと思う。気付かない振りをしていただけ。知ってて、楽な方へ楽な方へと流されてただけ。」

醒めた口調。悲しみも怒りも感じられなかったのが、痛々しかった。

「其の後、誰が何を言っていたのかは、よく覚えてない。只、姉が母に向かって、何か言い返してた。パンッて乾いた音がして、嗚呼、姉が叩かれたんだって。そう思ったの。」

あくまでも軽い口調のまま、のり姉が問い掛ける。

「其のお姉さんは何て言い返してたの?」

「覚えてない。只、私の事を、庇ってた。」

「ふーん・・・。で、話の続きは、まだ有ったりする?」

ユミちゃんは少し躊躇う様な素振りを見せたが、軈て

「ええ。此れで全部。・・・・・・此処から先については、そっちに任せるわ。どうせ全部解ってるんでしょう?」

と薄く笑みを浮かべて見せた。

のり姉は満足そうに頷いた。

「全部だなんて言わないけど、うっすらとはね。でも、その前に・・・・・・。」

目線を向けると、壁に寄り掛かっていたピザポは、小さく頷いた。

のり姉はポン、と両の手を叩いた。

「ちょっとだけ、お説教タイム。」

nextpage

・・・・・・・・・。

ピザポは気不味そうな顔をしていた。

無理矢理ユミちゃんの目の前に押し出されたからだろう。

「さっきのは俺も気が立ってたって言うか・・・。」

頬をポリポリと掻きながら、視線をユミちゃんから逸らす。

「大丈夫、大丈夫。多分、私と同じ事考えてたと思うし。」

「怒ったりしないわよ。甘んじて受け入れるわ。ムカつくけど。」

のり姉とユミちゃんがほぼ同時に言った。

そして、ユミちゃんは其処に更に付け足した。

「何を言いたいかは、分かってるもの。」

小さくフン、と鼻を鳴らす。

ピザポは溜め息を吐きながら、不承不承と言った感じで頷いた。

nextpage

・・・・・・・・・。

「えっと、俺が言いたいのは、そんなに悩まなくても、ユミちゃん・・・が言われた事は、そう珍しい事でもないって言うか・・・・・・。」

「珍しくないって・・・何が?」

「えっと、だから・・・・・・。親を疎まない子供は居ないし、子を憎まない親も居ないって言うか、我が儘とかも、そんな言う程あれじゃないし・・・。渦中に居なかった俺が言うべき事じゃないんだけど、だから、言う気も無くなって・・・でも・・・えっと。」

ピザポが愈、苦虫を噛み潰した様な顔になる。

nextpage

「つまり、話を大袈裟にして、悲劇のヒロイン気取ってんのが気に食わないんだよね。私もピザポ君も。」

のり姉が突如言い放った。

しかも、言い方がかなりきつい。

「しかも、代役立ててやり直そうとしても上手く行ってないし。子供って言っても、死んでから随分と経ってるでしょ。もうとっくに成人済みでしょ。」

「・・・そうね。」

ユミちゃんが悔しそうに頷く。

「悪い事だなんて言わないけどね。私だってそんな偉そうに言える立場じゃないし。でも、此れだけは言わせて。・・・繰り返そうとしないで、ちゃんと成功させようとしなさい。」

「・・・・・・はい。」

「チャンス何て、そう何度も有る訳じゃないんだから。」

「後ね、此れは私の経験談何だけど・・・。」

「何。」

のり姉が静かに言う。

「悪い事とは言わない。けど、割には合わないわよ。」

其の表情は、何処か寂しげだった。

ユミちゃんは拗ねた様な表情をして呟く。

「・・・・・・そんな事、とっくの昔に知ってるわ。」

ピザポはそっぽを向いていたので、どんな顔をしているかは見えなかった。

nextpage

・・・・・・・・・。

お説教タイム中の僕と薄塩の会話。

「何だ此れ。何此の状態。ピザポどうした。」

「知らん。」

「てか何、此の幼女。」

「幼女言うな。実際はお前より歳上だ。」

「合法ロリだと・・・?!」

「お前はもう黙ってろよ。」

「叱られてる理由も分からん。」

「あー?・・・多分アレだろ。お父さんとお姉さんをあの二人に重ねてるんだろ。」

「あの二人って誰だし。」

「シーツ被りと川原さん。」

「川原さんどう見ても二十代。」

「いやそうだけど。」

「無理が有るって。」

「いや知らんよ。」

「てかあの二人カップルだから。姉と父なら親近相姦になるから。」

「だから僕に言うなよ。だから川原さんに対して敵対心が有るんだろ。」

「え。単にお父さんとの確執を引き摺ってんじゃないのか。」

「いやそうかも知れんけど。」

「てか、お母さんは?一言キツく言われたからって存在抹消?府に落ちん。」

「もう五月蝿いよ。後々覚えとかなきゃなんないんだから黙ってろよ。あっちの声が聞こえないだろ。」

「いやどうして?」

「え?あ、いや、其れはだな・・・」

nextpage

・・・・・・・・・。

のり姉が窓の傍に移動した。

カーテンの閉められた窓に寄り掛かり、微かに笑う。

「・・・さて。愈お待ちかね謎解きタイム・・・・・・と行きたい所だけど、どうやら無理みたいね。」

そして、勢い良くカーテンを開いた。

「お迎えだよ。」

nextpage

道路を彷徨く、白いシルエット。

ホスピスで見た時と比べて、其れは自棄に頼り無さげで弱々しく見えた。

「あれって・・・・・・!!」

ピザポの声が強張り、薄塩が床のファブリーズに手を伸ばす。

ユミちゃんが驚愕の表情を浮かべ、小さく呟いた。

「お姉ちゃん・・・・・・。」

シーツ被りだった。

nextpage

・・・・・・・・・。

「捜してる。あんたの事。」

のり姉がガラガラと窓を開いた。

ユミちゃんは瞬きをしながらヨロヨロと窓辺へと歩いて行く。

口を開き何かを言い掛け、また口を閉じる。

「・・・・・・ほら。」

のり姉が、ポン、とユミちゃんの背を押した。

ユミちゃんが何処か不安気にのり姉を見上げた。

のり姉はユミちゃんの方を見ない。ただ、もう一度、今度は少しだけ強く、背中を押すだけだ。

然し、其れでもユミちゃんには伝わったらしい。

暫く黙りこくった後、フン、と音高く鼻を鳴らした。

そして、ゆっくりと窓枠へ手を掛ける。

身を乗り出し、ユミちゃんが叫んだ。

nextpage

・・・・・・・・・。

「お姉ちゃーーーん!!!」

闇夜に声が木霊する。

ふわり

白いシーツが翻る。シーツ被りが此方を向いたらしい。

「お姉ちゃーーーーん!!!!」

千切れんばかりに手を振るユミちゃん。

其の内、窓枠に足を掛け、立ち上がる。

のり姉がニコリと笑った。

「バイバイ。頑張んなさいね。御両親の事も。」

ユミちゃんが振り返り、フン、と鼻を鳴らした。

nextpage

「違うわ。姉と、其の彼氏よ。」

更に、一瞬間を置いて、一言。

「・・・・・・・・・・・・またね。」

そして、勢い良く窓から飛び出した。

重力を無視する様に、ユミちゃんはゆっくりと降りていく。

白くか細い腕が二本、シーツ被りの中から突き出た。

ユミちゃんの速度が一気に増す。

然し、シーツ被りはよろめきながらも、確りとユミちゃんを受け止めた。

甘える妹と、其れを受け入れる姉。

彼女達は、確かに《姉妹》に見えた。

nextpage

・・・・・・・・・。

のり姉が上機嫌である。

「《またね。》だって。」

ニヤニヤしている。怖い。

「いやー、コンソメ君も隅に置けないね。ピザポ君とよろしくやってると思ったら、今度は合法ロリっ娘ちゃんと御近づきになってるんだもんね。」

抑、ピザポとはよろしくやって等いない。・・・いや、別にユミちゃんともよろしくやってない。

「いやいや、本当にねぇ。薄塩も何だかんだで心配してたんだよ。何かダメージ受けてたみたいだったから。」

そうだったのか。後で何か驕って・・・いや、さっきのアイスでいいか。

「姉貴死ね。」

「此のツンデレさんめ。」

「切実に死ね。」

「可愛いなぁもう!!」

「止めろ死ね。」

「私の弟がこんなにも可愛い!!」

「切実に止めろ死ね。」

此の姉、何気にブラザーコンプレックスを拗らせている。

もしかしなくても僕は咬ませ犬だな?

「てか、さっきの《御両親》って何ですか?」

ピザポ良く言った。グッジョブ。

其れ僕も気になってた。後、此の姉弟のイチャイチャにも大分うんざりしてた。

のり姉が不思議そうに言う。

「何って・・・シーツ被りと川原。重ねてたんだと思うよ。どっかで。」

薄塩が目を見開いた。

「えっ。お母さんには裏切られた的なあれじゃ無かったのか?本当に自分を愛してくれようとしてた、お姉さんとお父さんと、やり直そうとしてたんじゃなかったのか?」

のり姉は、益々不思議そうな顔になった。

「うん?いや、愛されなかったからでしょ。てか、お父さんからは途中から見捨てられてたし。」

「でも・・・・・・。」

「愛されなかったから、あくまで自分の為に、やり直そうとしてたんだよ。あの子。」

そして、思い直した様に付け足す。

nextpage

「まぁ、でも、ちゃんと向き合うって決めたらしいし。中々のハッピーエンドじゃない?」

のり姉が、フン、と鼻を鳴らした。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
5962
5
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

mamiさんへ

あの後も何だかんだで交流は続いています。
ホスピスの三人も上手くやってるみたいです。

僕は、海遊館で買った、お土産のジンベエザメ縫いぐるみの腹を切り裂かれたりしてます。

次の話でやっと二年生になります。
宜しければ、お付き合いください。

切ないですね…

まだまだ楽しみなお話しがある様子。
嬉しい限りです。