中編2
  • 表示切替
  • 使い方

よりみち

music:2

wallpaper:734

深夜帰るのが遅くなってしまい

隣に住む同僚を送り届けた日

nextpage

同僚が散歩がてら通ったことのない道を通りたいと言い出した

あまり気が進まなかったがどうしてもというので

しかたなく普段とは全く違う道をとおってみた

nextpage

普段の道は深夜といっても電灯があったので少しは明るかったのだが

この道は電灯一つなく本当にまっくらで

霊感0の俺ですらなにかでそうだとおもった

周りは木や草でよくみえず

ゆっくりといくので精一杯だった

はじめはおもしろがってた同僚も怖くなってきたらしく

いつの間にか静かになっていた

どんどん入っていくと途中に廃墟のビルがポツンと立っていた

nextpage

すると同僚がいきなり

「なぁあれなんだ?」

といってきた

気になったので一度車をとめてみてみると

確かに何かあった

白く風になびくように

nextpage

よく見てるとこちらに少しずつ近づいているきがした

やばい!と思ってにげようとしたそのとき

sound:14

shake

車のまわりを叩くと同時にたくさん手がみえ

もう何がなんだか分からなくなって

無我夢中で車を走らせた

後ろからはまださっきの白くてゆらゆらしているのが

約80kmはでていたのについてきている

もう後ろは振り返らないようにして全力で逃げた

同僚は一人で何かブツブツいっていて

そのすぐとなりのガラスには手がまだついていた

nextpage

何分かしたらいつの間にか振り切っていた

その後すぐ近くにあったコンビニに立ち寄り

少し一服した

nextpage

さっきのは悪い夢だと自分に言い聞かせた

しかし同僚は精神的にきていたらしく

未だに怯えていた

nextpage

家に帰るためもう一度車に乗ろうとしたとき

確かに一瞬見えた気がした

後ろの席で右目がない女がニタァとしてこちらをみているのを

nextpage

同僚を送り届け

そのあと家で寝ずに色々調べてみるとあのビルでは

自殺の名所として有名らしく普通ならばあの道は封鎖しているらしい

朝になって気がついたが

入れないようになっているはずのコーンやテープなどが

道路の横にあって林の奥には車があった

ということはいままさにあのビルには人の死体が

今でもあるということになる

nextpage

いま私にできることは無事成仏できるようねがうことだけだ

…あなたのうしろは大丈夫ですか?

Normal
閲覧数コメント怖い
4550
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ