短編2
  • 表示切替
  • 使い方

予知夢

私のお父さん方の家系には、いわゆる“霊感”というものがあるのかもしれない

とゆうのも、あの有名な東日本大震災。その予知夢を見た人がいるからだ

親戚(どの親戚かは知らない)の場合

東日本大震災が起こった前の年2010年の夏頃

来年の春にディズニーに行こうかな?と考えていた

つまり東日本大震災に直面する

しかしそれを知る由もない親戚は着々と予定を立てていた

……

明日にでもホテルを予約しようと思った夜、夢を見た

どうやら美容室に行って散髪をしている様子だった

帰り際に知らない人に話かけられた

「来年の春はディズニーに行かない方がいいですよ」

そう言われたそうだ

これを言われて親戚は計画を断念した

叔母の場合

叔母は私立病院に付属している保育園に勤めている

その夢を見たそうだ

叔母は勤務を終え帰宅するため、エレベーターで一階に降りた(保育園は最上階にある)

そこで忘れ物に気づく

もう外に出てしまったので再び中に入りエレベーターを目指す

が、しかし、エレベーターが開かない

だから仕方なく叔母は階段を登った

二階に着いた

あれ?

何だか騒騒しい

そう思って二階に行くと、沢山の死体があった

顔には布がかけられていて寝かされていたそうだ

これは、東日本大震災の1週間ほど前に見た夢だそうだ

私の場合

前日に見た夢

けど、私の場合はただ単にデジャブを見ただけだ

暗い部屋、ロウソクが灯されている

ここはおばあちゃんの家のリビングだ

そこには私、おばあちゃん、おじいちゃん、叔母、お母さん、妹がいた

そして実際にこういうことが起こった

Normal
閲覧数コメント怖い
3490
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ