短編2
  • 表示切替
  • 使い方

作り話

どれ一つ作り話をしてやろう。

男はそう言った。

男「昔話だ。お前も知っているだろうが1990年代のお前の住んでいた町。荒れてたよな?」

確かに荒れに荒れていた。

暴走族はバイクと車で総勢100台近くが集まり逆走・ノロノロ運転当たり前。

交番のゴキ単は歩道にバイクで侵入し蹴り倒す。

暴走族のノロノロ運転で走り去った後に単車を起こしにくる警官。

お店や銀行には強盗が入ったなんかも日常茶飯事。

俺がたむろしていたゲーセンも何故かチャカがUFOキャッチャーの下に隠されていたり店員のO岩は店のカウンターで普通にコカインを鼻から吸っていた。

荒れていた時代だ。

その一言で済めばいいのかもしれない。

そんな中で青春を過ごしていたんだが、、、

男はこの時代を話したいらしい。

男「あの頃、、、ストIIXやってたお前なら知ってるだろうがSっておったやろ?」

............

すぐにキレる奴。

あまり強くないのに対戦台に座り負けては文句を言い、、、最悪殴り合いの喧嘩をするS。

当時中学生の俺から見ても短気極まりなく迷惑な客だった。

店員のO岩は薬を中学生の前で吸うか寝るか、、、又は客である俺達に筐体の掃除、灰皿の掃除を頼む始末。

要するにとりとめのない腐敗したゲーセンだった。

警察が喧嘩の仲裁に来るのも当たり前。

当時生徒会長していた先輩もバーチャをしていて相手の卑怯な戦法に睨んだだけでシルバーアクセだらけの手で殴られ唇が落ちそうになった。

そんな荒れた中で過ごしていたがふとSの姿が急に見なくなった。

空気読めない中学生代表としてSの事を話したら周りは凍りついた。

周りは知っていたのだ。

道頓堀や淀屋橋でホームレスを襲い川に落として殺害した殺人犯。

ニュースになったがその犯人がSとの事。

男は続ける。

男「S最近出所したってょ。」

作り話である事を願いたい。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
4224
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

あんみつ姫さん。

本物になりました。

高校の恩師が言ってました。
「作り話は、いつか本当の話になる。」
恩師は、小説も書く脚本家でもあります。

和さん。

続き書こうか迷い中。

本当に作り話ですので。

作り話ってなんだろうとドキドキ、、
そうきましたか!
面白かったです。