中編2
  • 表示切替
  • 使い方

死神と俺の日常 #2

メタボなキューピッド

俺はまだ死神に纏わり憑かれているが…俺はまだ死んでない。それと床屋の後から頭の中で死神と会話が出来る様になっていた。

俺はメダカ専門雑誌を寝ながら読んでいると死神が慌てて部屋に現れた。

「たっ!大変です!キューピッドが出ました!」俺は興味なさそうに返事する「へぇ〜報告お疲れお疲れ〜」死神はカチンと来たのかメダカ専門雑誌をスパコーンと変な力で吹き飛ばした

「なにすんだよ!」死神は俺の顔に顔を近付け「キューピッド!キューピッドですよ!あの!なかなか見ることは出来ない貴重で可愛い天使ですよ!」俺は少し興味が湧いて窓から目の前の本屋を見ていると確かに輝く何かがいる。

「すげー光ってるな」死神はワクテカしながら「キューピッドに会いに行きましょう!」

強引に連れて行かれキューピッドに会いに行くことになったが…

「おい、カマ野郎。こいつのどこが天使なんだ?ただのデブに天使の翼がくっ付いてるだけじゃねぇか」

死神も眉を寄せて「おかしいですね?キューピッドってもっとこう可愛いのに…なんですかこれ?」

しかもアダルト雑誌を読んでるし…

「おい!おっさん!」キューピッドは反応しない。

「チッめんどくせぇな、キューピッド!」キューピッドは満面の笑顔で「はーい!私は恋を叶えるキューピ…!」

「るせぇ!変態天使が!天使が翼をパタパタさせてアダルト雑誌なんか読むな!」キューピッドは反撃する「天使だって人間の女性に興味があるんです〜!」死神も俺に続く「てめぇがキューピッドだなんて認めねぇからな!!」

キューピッドは顔を赤くして怒る

「なんですとぉー!この弓で射るぞ〜!」俺は真顔で死神を盾にする

「え?ちょっ!なにしてんですか!」キューピッドは弓を限界まで引き発射体制に入っていた。

ピロピロピロリン!

キューピッドはポケットから携帯を取り出し弓を背中に戻し、

「なに!?にゃんにゃん図鑑3が今日発売なのか!急がねば!さらば!」

メタボな腹を揺らして何処かへと飛んで行った。

「今更、ガラケーかよ、オヤジだな」

俺は呆然とする死神を置いて部屋に帰った。

めでたしめでたし…続く。

次回…「パチンコ屋にてキューピッグ」

ご覧になっていただきありがとうざいます!文章が変な時がありますが花粉症のため、集中できません(汗)←言い訳ね笑

Normal
閲覧数コメント怖い
4151
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

おっさんキュービッド面白いです。面白ボタンがあったら押してましたw