中編4
  • 表示切替
  • 使い方

ウタバコ・8

此れは、ウタバコ・7の続きだ。

nextpage

・・・・・・・・・。

「蛇が口から・・・ねぇ。」

事のあらましを話し終えると、のり姉は少しだけ声のトーンを下げた。

「て、事は、やっぱり其の蛇女ちゃんとウタバコは、関係してるんだろうね。面倒臭いなあ。」

のり姉にしては珍しい反応だ。

やる気が一切感じられない。

「まぁ、考察とかは薄塩達として。今若干忙しいから。暴力が必要になったら呼んでよ。」

プッ

電話が切れた。

暴力が必要になったらって・・・・・・。

そんな投げ遣りな・・・。

やっぱり、何かが可笑しい気がする。疲れているのだろうか。

そう言えば、のり姉だって人間なのだ。

色々と悩む事だって、疲れる事だって有るのかも知れない。

少し困ったからと言って、頼り過ぎるのは良くないのかも知れない。

と、すれば・・・・・・。

「今回は、僕等だけでどうにかしよう。」

口に出して決意を露にする。

僕は一人、小さく頷いた。

nextpage

・・・・・・・・・。

で、翌日。詰まりは月曜日。

「で、結果として分かった事を纏めるか。」

放課後。第四総合教室。

僕、薄塩、ピザポの三人は、他の生徒に見付からない様にしながら、話をしていた。

nextpage

・・・・・・・・・。

此処から薄塩シリーズ迷物の、台詞祭りとなります。慣れていない方はご注意を。

nextpage

・・・・・・・・・。

「で、結局、あの蛇女は一体何だったんだ?」

「分からない。あの箱と何か関係有るのは、間違い無さそうだけど。」

「箱と蛇・・・ね。ベタな所で、あの蛇女は箱に封印されてた化け物で、箱を開けた斉藤に取り憑いたとか。どうかな。」

「痛い。」

「ちょっと薄塩、一言で終わらせるなよ。其れが一番有りそうじゃん。」

「でも、だとしたら、どうしてそんな箱が斉藤の家に?極普通の家みたいだったけど・・・。」

「え、ええ?何か、こう・・・封印してる家系とか。巫女の末裔とか。」

「痛い。」

「コンちゃんまで酷い!」

nextpage

・・・・・・・・・。

「じゃあ次。あの蛇女は、人に害を及ぼす何かなのか否か。」

「少なくとも良い物では無いと思う。部屋の空気とかも澱んでたし、何より、今日、斉藤から泣きを入れられてる。」

「新情報?」

「だな。コンソメ、そう言う事はもっと早くに話せ。」

「はいはい。・・・斉藤は、昨日僕が帰った後、一度、ウタバコの歌を聴くのを止めようとしたらしい。」

「どういう事だ?」

「えっと・・・先ず、斉藤は起きている時は、一時間に十回以上、ウタバコの歌を聴いていたらしい。あ、勿論、家に居る時の話だからな。」

「別に可笑しな事じゃないんじゃないかな。単に中毒性の有る曲って事なんじゃ?」

「話を聞け。僕の話を聞いて止めようとしたんだ。でも、止められなかったんだよ。」

「俺にも有るよ。そういう事。特にテスト前とか。」

「だから話を聞けって。ちゃんとテスト勉強しろよ。単に我慢出来なかったとかじゃないんだよ。」

「何か起こったのか?」

「嗚呼。」

「蛇に巻き付かれたとか?」

「正解。正確には湿疹だけどな。こう、巻き付かれたみたいにビッシリと。」

「其れって何時?」

「朝起きたら、だそうだ。夢に出たりとかは無かったらしい。」

「マジか。」

「マジですよ。」

nextpage

・・・・・・・・・。

「はいはいラストー。で、ウタバコ、結局どうするよ。」

「何とかして斉藤から引き離す。」

「引き離してー?」

「んんん・・・・・・。」

「蛇女と話し合いをしてみるとか。」

「専門って事で、木葉さんの所に持って行くとか。」

「呪いなら木葉さんの所に持って行くとか?」

「木葉さん・・・木葉さんか・・・。でも、何か悪い気がするな・・・・・・あ!!!」

「ん?何?」

「居た・・・!!蛇で食らい付くバカが・・・!!」

nextpage

・・・・・・・・・。

慌てて携帯電話を取り出し、呼び出す。

一分近く呼び出すと、酷く眠たげな口調の相手が出た。

「・・・・・・んあ。もしもし。」

「もしもし?!」

「んん。野葡萄君だね?何こんな時間に・・・。」

「一寸、友人が困ってまして!!」

「薄塩君達かい?」

「いいえ!あんたは未だ知らない人!!」

「ふーん・・・。で、どうした。」

「呪われました!」

「えー。何にー。」

「蛇です!全身に巻き付かれて痕が付いてます!!」

「よし分かった。任せなさい。」

nextpage

斯くして、烏瓜さんが巻き込まれ、僕等の

《ウタバコ略奪計画》

が始動した。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
7546
6
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

mamiさんへ
コメントありがとうございます。

いえ、何と言いますか・・・・・・。
木葉さんと烏瓜さんの扱いが違うのは、単純に距離感と言うか、付き合い方の違いからでして・・・。
烏瓜さんは、感覚として、兄より友人に近いと言いますか・・・。何となく、甘えとは違うのですが、気が抜けているのでしょうね。やはり。心から馬鹿にしている訳では無いんですよ。
・・・僕は何長々と気持ち悪い事を書いているんでしょう。
木葉さんに申し訳無いのは、単に仕事モードじゃない木葉さんがビビりだからです。

結局、どちらの・・・。ネタバレですね。止しましょう。

裂久夜さんへ
コメントありがとうございます。

わー。遂に猿兄にもモテ期がー(棒)

其れは置いておいて、嬉しい御言葉有り難う御座います。此れからも頑張りますので、宜しければ、お付き合いください。

紫月花夜さんへ
コメントありがとうございます。

食らい付いて来ましたね。烏瓜さんは単純で扱い易いので・・・。

・・・あの猿兄、声がほぼ平泉成ですよ。基本面を付けてる変人ですよ。
まさか萌えの対象となる日が来ようとは。

木葉さんには申し訳なくて、烏瓜さんはバカ呼ばわりですか(T-T)
どちらのお兄さんが加わったとしても、今後が楽しみです。どちらのお兄さんもファンですから。

同じく吹きました!
ますます続きが楽しみです!

こんばんわ
思わず後半に吹き出しました
まさかの即答ですか、見事に食らいついた?
やはり、猿兄様萌えです