短編1
  • 表示切替
  • 使い方

僕の母親

はっきり言って怖い話では無いです。

僕だけが怖い話です。

僕の母親はもうすぐ55歳。僕が赤ちゃんの頃離婚して実家に出戻った。

母親はいい年に関わらず未だに親におんぶにだっこ状態。僕の養育費すら祖父母が全額出した。

働いてるから良いものの、金は一切家には入れない。

しかも一人っ子だった為なのか、自我がかなり強く、自分の思い通りにならないと奇声を上げ、

障子や襖に北斗百烈拳をぶちかます。

祖父母共にその奇怪な行動に目を向けない為、母親がキレれば無法地帯。

だが外ではそんな目立った行動は余りとらない。

完全なる家弁慶。

とにかく自分に甘い。

ある日、僕が友達と遊んで帰るのが遅くなった時、

三分置き位に母親から電話がきた。

電話に出ると…

全く訳の解らない奇声をあげたり、いきなり呪文の様な物を唱え出したり、

今から死ぬから!など

それが三分置きに一時間近く続いた。

逆に気持悪くて帰りたくなかった。

友達からは怨霊電話と、からかわれる始末。

渋々家に帰ると

母親は玄関に仁王立ちし

奇声を上げた。

それから僕は

母親の陰に脅え、成人を境に逃げるように家を出た。

だが、先日ばぁちゃんが倒れた為実家に戻った。

その時じぃちゃんが、

家に戻ってきてくれと泣いて頼まれた。

僕はまたあの母親と暮らす事になるのかと思うと、

気が重い。

怖い話投稿:ホラーテラー 村上さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ