短編2
  • 表示切替
  • 使い方

ウタバコ・14

此れは、ウタバコ・13の続きだ。

nextpage

・・・・・・・・・。

僕が斎藤の家でウタバコを見てから、五日が経過した日。詰まり、金曜日。

僕は薄塩からの連絡を受け、彼の家へと向かった。

「姉貴の説得、八割は行ったから後の二割手伝ってくれ。」

其の声からは、おおよそ生気と言う物が感じられず、安否を問うと、彼は

「肉体の崩壊のみが死に非ず・・・。」

とだけをボソリと呟いた。

此れは愈、薄塩の精神と命が危ないらしい。

僕は荷物を纏め、急いで家を飛び出したのだ。

nextpage

・・・・・・・・・。

「・・・其れは。」

「・・・・・・ああ。そうだよ。笑ってくれよ。」

玄関を開けると、薄塩が立っていた。

彼は、セーラー服を身に纏い、死んだ目をして僕の方を見ていた。

nextpage

・・・・・・・・・。

セーラー服。色は紺と白。胸元に大きなリボン付き。

スカートの丈が短いので、ある意味で女子より見えたら行けない汚物がチラリしそうで怖い。

足は黒いニーソックスで被われていた。

僕は其の痛々しさん直視出来ず、

「・・・似合ってるよ。」

「うるせえ。」

「・・・うん。ごめん。」

チョコレートムースだけで此処までさせてしまったのが、心苦しい。

僕は心の底から謝った。

「本当にごめん。」

僕が頭を下げると、薄塩は気不味そうに顔を背けた。

「謝るなよ・・・。気にしてないから。」

こんな辱しめを受けたのに・・・。僕だったら絶対堪えられないだろう。

其れなのに、薄塩は僕を気遣って・・・。

僕が感動している、薄塩が顔を上げ、ニヤリと笑った。

nextpage

ガシッ!

薄塩が腕を伸ばし、僕の手を掴む。

「只、お前にも少しばかり、恥ずかしい目に遭って貰うけどな・・・・・・。」

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
4986
11
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

ちゃあちゃんさんへ
コメントありがとうございます。

ええ。
群を抜いて恐ろしいですね。
他の奴等とは比べ物になりません。

紫月花夜さんへ
コメントありがとうございます。

御乱心でした。不機嫌でもありました。
もう本当に厄介な人です・・・・・・!!

幽霊の方がずっと可愛気が有りますね。

裂久夜さんへ
コメントありがとうございます。

簡潔に言えばコスプレさせられました。
無事と言えば無事なのですが、心の傷を負いました。

紺野さんのお話の中で、1番怖いのは、やっぱりのり姉さまですよねぇ…(;^_^A

表示
ネタバレ注意

主様は何をさせられるのか!?
別の意味で怖いです!

※無事な生還、良かったです