中編3
  • 表示切替
  • 使い方

ウタバコ・15

此れは、ウタバコ・14の続きだ。

nextpage

・・・・・・・・・。

「おい、ちょ、止め、止めろ!」

「俺がどんな目に遭わされたと思ってんだコノヤロウ!!」

「知るかよ!!離せ馬鹿!!」

「嗚呼そうだよ!!俺は!!馬鹿だよ!!!」

「落ち着け!僕はのり姉じゃ・・・。おい待て。何だ其れ!何だ其れ?!」

「お前も同じ苦しみを味わえ!!」

「チョコレートムースあげたじゃん!!」

「足りる訳ねーだろ!!」

「だって其れ、下手したら、いや確実にお前の服より恥ずかしいだろ!!だったら僕もセーラー着るよ!!」

「俺が受けた辱しめが此れだけだと思ったか!!」

「いや知らんよ!!其の苦情はのり姉に言えよ!」

「問答無用!!!」

「いや本当待て待て待て止めろおい本気で止めうわぁぁぁぁぁ!!!」

nextpage

・・・・・・・・・。

のり姉はドアを開けると、部屋の前で待っていた僕を見て、少し驚いた様な顔をした。

「コンソメ君、何その格好。」

「僕も心底そう思いますよ。」

僕そう言って肩を竦め、薄塩は何も言わずに、拗ねた様にそっぽを向いた。

のり姉はそんな僕等を交互に見ていたが、軈て、何か納得した様子で頷くと、自室のドアを開けた。

僕は軽く鼻を鳴らし、中が見えてしまわない様、スカートを押さえながら立ち上がった。

のり姉が僕の方を向いて尋ねる。

「・・・それ、薄塩の趣味?」

「さあ。・・・最も、着せたのは彼ですけどね。」

「そう。悪くはない。でも、それじゃ足が寒いでしょ。まぁ、取り敢えず入りなよ。話は中で聞く。」

どうやら、着替えさせて貰えるらしい。僕はホッと胸を撫で下ろした。

nextpage

・・・・・・・・・。

どうやら、着替えさせてくれる訳では無いらしい・・・そう気付いたのは、のり姉が其れをクローゼットから取り出した後だった。

「はい、これ。」

「え、あの、此れは・・・・・・。」

「履いて。多分少しはマシになるから。」

「えええ・・・・・・。」

のり姉が取り出したのは、レースが付いた靴下。そして、其の靴下がずり落ちてしまわぬ様にする為の器具・・・通称《ガーターベルト》と言う物だった。

「黒も良いかなと思ったんだけど、此方のが色的に合ってるしね。」

「・・・・・・・・・はぁ。」

「後ろ向いててあげるから、コンソメ君、履きなよ。」

一見、親切そうな言葉である。だが、此れは《私が後ろを向いてる間にとっとと履けよ》と言う意味に他ならない。脅迫である。怖い。

そんな事を考えていると、のり姉はクルリと後ろを向いた。

・・・どうやら、身に付けざるを得ない様だ。

僕は特大の溜め息を一つ、吐いた。

・・・・・・仕方無い。

そうして僕は、薄い桃色のナース服に白い靴下、濃い桃色のガーターベルトを身に付けた男子高校生と言う、我ながらよく解らない格好になってしまった。此の姉弟、変な所で頭が可笑しいと思った。

nextpage

・・・・・・・・・。

「で、何の用?」

紅茶を優雅に啜りながら、のり姉は首を傾げた。

「協力援助要請と、今までの報告です。」

「どうしてそんな格好してるのか、っていう?」

のり姉の問いに、僕は苦笑いをしながら頭を振る。

「其れも話しますが、メインは兄に教えて貰った事です。」

「兄って・・・。」

「烏瓜さんの方です。」

「あー。○○君ね。」

「ええ。」

「で、何が分かったの?」

のり姉はそう言って、残りの少なくなったカップを此方に差し出した。

紅茶を継ぎ足す。甘い湯気がカップから上がった。

「あの蛇と女性、基、蛇女の正体です。」

「正体・・・ね。」

僕は大きく頷く。

ゆっくりと深呼吸をして、改めて口を開いた。

「《手負蛇》と言う化け物なのだそうです。」

nextpage

・・・・・・・・・。

「待って。手負蛇?」

のり姉の目が大きく見開かれた。

「あれは、清姫じゃなかったの?」

「キヨヒメ?」

nextpage

コトン

部屋の隅、僕の荷物の中から

微かに音がした。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
4484
5
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

ちゃあちゃんさんへ
コメントありがとうございます。

個人の趣味をとやかく言う気は無いですし、本人が楽しんでいるのなら別に構わないんですよ。ですが、何も嫌がってる相手に無理矢理着せることは無いと思うんです。
僕だって、コスプレ自体に嫌悪感が有る訳では無いです。只、あんな格好は・・・・・・。

漸く話が動くと思います。宜しければ、お付き合いください。

紫月花夜さんへ
コメントありがとうございます。

全くです。
まさか彼処で追い討ちを掛けて来られるとは思いませんでした。

僕も、生きてる人間・・・と言うか、のり姉が一番怖いです。

去年のハロウィンの時に、セー◯ームーンのコスプレしてる男の人を見ました…バツゲームかと思ったけど、本人、とても楽しそうでした…(^ν^)紺野さんもコスプレが楽しめる日が来ると良いですね〜(^∇^)なんて、ウソウソ。次も楽しみにお待ちしてます〜(^^)

表示
ネタバレ注意