中編4
  • 表示切替
  • 使い方

ウタバコ・16

此れは、ウタバコ・15の続きだ。

nextpage

・・・・・・・・・。

「コンソメ君から話を聞た後、私も色々と調べたんだよ。」

そう言って彼女は、部屋の隅から一冊の本を取り出した。

「《清姫》って言うのは、固有名詞・・・人名だから、妖怪の種類としては、少し違うかも知れないけど。」

何時に無く真面目な表情。

さっきまで他人にガーターベルトの着用を強要していたとは思えない程だ

「要約しちゃうと、恋心で蛇になっちゃった女の子なんだけどね」

「本当に物凄くアバウトですね。」

恋心で蛇?何のことだか全く分からない。

思わず眉根を寄せると、のり姉は本を開き、説明を始めた。

「じゃあ、もう少し細かく。昔、紀州国・・・現在の和歌山県ね。其処に、真砂と言う土地が在って、其の庄屋さんの娘さんに《清姫》って女の子が居たの。」

nextpage

・・・・・・・・・。

ある日、清姫の住む屋敷に、熊野参りの途中だと言う、安珍と名乗る歳若い僧が訪ねて来た。

清姫の父は「あの僧が、お前の未来の婿だ。」と、そう彼女に言った。無論、本気ではない。あくまでも冗談で、単に初な娘をからかっただけなのだ。

然し、清姫は其の父の戯れ言を信じ、彼を未来の結婚相手と思い込んでしまった。

然し、当然ながら安珍はそんな事を知る由も無く・・・。

月日が流れ、娘となった清姫は安珍に「何時になったら自分を嫁にしてくれるのか。」と詰め寄る。

然し、前述の通り安珍はそんな事は知らない。しかも彼は修行中の身である。

「熊野参りを終えたら、其の帰りに迎えに来る。」

困りに困った安珍。挙げ句の果てには、そんな嘘を吐いて逃げてしまう。

清姫は約束を信じて待つが、当然の如く安珍は何時になっても来ない。

業を煮やした清姫。近くに生えていた高い杉の木に登り安珍の姿を探す。

辺りを見回すと、安珍が逃げて行く所が見えた。

其のまま安珍を追い掛ける清姫。

追って追って・・・何時しか、彼女は蛇の身体を持った異形へと変貌と遂げていた。

安珍は愈清姫を恐れ、道成寺へと逃げ込み、鐘の中へと隠れる。

清姫は其れを知ると、鐘に蛇身を巻き付け、其の身を燃やした。

文字通り、身を焦がす様な清姫の想いは軈て鐘の中の安珍諸とも、彼女を焼き付くした。

nextpage

・・・・・・・・・。

「まぁ、ちょっとヤンデレな感じだったんだよね。きっと。」

「ちょっと処の騒ぎじゃないですよ・・・。思い込みが激しいにも程が有るじゃないですか・・・。」

一人の人間に、思い込みだけを糧にして、其処までの執着が出来る事自体、何と言うか・・・。

「異常だと思う?」

見透かされた様な言葉に、何だか気不味くなり、下を向く。

其れが頷いた様に見えたのだろう。のり姉は微かに口元を緩めた。

「・・・そうだね。普通とは少し違うかも知れない。でも、其処まで異常でもなかったと思うんだよね。私の個人的見解だけど。」

そして、開いた本のページをゆっくりとなぞる。

「もし父親が馬鹿な冗談を言わなかったら、もし安珍が嘘を吐かなかったら、正直に添い遂げられないと言っていたら、こんなことには、ならなかったかも知れない。」

「はぁ。」

僕は下を向いたまま、曖昧に頷いた。

のり姉がクルリ、と本をひっくり返し、僕達の方へと差し出した。

「ほら、此の子。」

nextpage

・・・・・・・・・。

川か、海か、はたまた湖か、波立つ水の中から、一人の女性が陸へと上がっている。

両の手で、腰の下まで伸びる黒髪を一房ずつ、しっかりと握り絞めている。

まだ蛇へと身を変えていないらしく、裸足の両足が見えている。だが、服の一部はもう、蛇へと変貌を遂げる為の準備を着々と進めていて、裾が蛇の腹と背に別れ、グニャリと不自然に後ろへ伸びている。

良く見ると、蛇に変わっていない部分の着物も鱗紋だ。大きな雪の結晶の模様もあしらわれている。

ゆっくりと、確実に、彼女は異形になろうとしている。

だが、其の表情はとても静かだ。

嵐の前の静けさ、と言った所か。口元には微笑みさえ見られる。

nextpage

・・・・・・・・・。

「此れは明治の作品だから、割かし新しいんだけどね。清姫なら、この絵が一番好きなの。」

のり姉が何処か得意気に言う。

僕は、確かに彼女の好きそうな絵だと思った。

が、其れを言うと、のり姉はきっと怒るので素朴な質問をぶつけてみた。

「彼女は・・・何故微笑んでいるんですか。」

「さぁ。コンソメ君にはそう見えるから、としか言い様が無いかな。私には笑ってる様には見えないし。」

「え、だって」

「だったら、ねぇ、コンソメ君。聞いてみたら。」

nextpage

・・・・・・・・・。

のり姉がグイと顔を近付けて来た。

「ほら、其処に居るんでしょ?聞いてみたら良いんだよ。」

「居るって・・・・・・。」

目が大きく見開かれていた。

僕は目を逸らし、口籠った。

のり姉はニヤリと笑い、ゆっくりと言った。

「だってコンソメ君、今、持ってるんでしょ?」

部屋の片隅に置いていた鞄の中身が、また、微かな音を立てた。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
4874
7
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

mamiさんへ
コメントありがとうございます。

厳しい人ですし、怖い人ですよ。
無論、優しくて頼りになる人でもありますが・・・。
どうやら、僕達をからかって面白がっている節が有る様です。

申し訳御座いません。
バイト先での話をついつい書いてしまいました。
明日からは、また、頑張ってウタバコを書きます!
宜しければ、お付き合いください。

ちゃあちゃんさんへ
コメントありがとうございます。

そうですね。強いて言うなら、足が無い所が蛇・・・でしょうか?
絵にも因りますが、殆どが蛇というか化け物ですよね。

今も昔も、こう言う人は居るんですね。故意かどうかは別として、恐ろしい話だと思いました。

14匹!
凄いですね!
今までに飼った総数か、今飼っている仔の数かは分かりませんが、どちらにしてもモフモフ祭りですね。羨ましいです。父が猫アレルギーなので、我が家は猫を飼えないんです。

背後までモフモフとは・・・本当に羨ましい限りです。

のり姉さんって、頼りになる存在ですが、その分恐ろしさもたっぷり感じます。
いよいよご対面ですか!!

清姫の画像検索したら、ありゃ、蛇っていうか、龍じゃないかと思える物ですね〜( ̄◇ ̄;)古版、ストーカー殺人のお話ですよね…
全然関係ないんですが、うちには猫が14匹いて、私に霊感ないのは、猫のおかげだと昔言われました…でも、背中に物凄い数の猫背負ってるらしいです…(;^_^A