短編1
  • 表示切替
  • 使い方

予知夢なのか。

小学生のときのこと。

通学路の途中に、一人暮らしのおじいさんが住んでいる平屋があった。

うちのおじいちゃんと仲が良くて、土日はよく一緒にゲートボールに出掛けていた。

終業式の前日、嫌な夢を見た。

あのおじいさんが、廊下に倒れて、苦しい…助けて…

と、もがいている。

私はすぐそばで見ているのに、全然手が届かなくて、声も出なかった。

おじいさんが死んじゃう!!

すぐそばにいるのに何も出来なくて、怖くて大泣きしていた。

ふと夢から覚めると、まだ真夜中。私は泣いていた。夢か現実か曖昧なまま、また眠りについた。

終業式の朝、あのおじいさんの家の前を通ったけど、何も変わったことはなさそうで、とりあえず安心して学校に行った。

帰りにはその事も忘れ、あのおじいさんの家の近くまで行くと、人がいっぱいいた。

うちのおじいちゃんもおばあちゃんも、近所の知っている人が何人もいた。

走っておじいちゃんのとこに行くと、「太田のおじいちゃんが亡くなって、みんなさっきまで気が付かなかったんだよ。残念だ。悲しいよ。」と言われた。

後で、母に聞くと、亡くなったのは私があの夢を見た頃だった。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ