中編2
  • 表示切替
  • 使い方

私は毎晩決まって同じ夢を見ていた。

海で溺れる夢だ。

最後には体が動かなくなり、底知れぬ闇に沈んで行く。

夢から覚めるまで意識はあるが、夢の途中で自分が事切れるのがわかる。

「あ、今死んだ」

と感じる瞬間があるのだ。

しかし、起きたあとの気分は悪くない。

私は毎朝、新しく生まれ変わったような、すがすがしい気分と共に目覚めるのだ。

だが、自分が死ぬ夢を毎晩見るのだ。

悪い予感がしなくもない。

そう考えていたある日、駅前で夢占いなるものをしている老婆を見かけた。

胡散臭さが前面に出てはいるが、妙に説得力のあるいでたちをしていた。

私は例の夢を話し、相談してみた。

老婆はただ一言、

「前世の記憶だよ」

なるほど、あたりさわりのない答えだ。

前世など確かめようがない、インチキには持ってこいの言い訳だ。

私はこれ以上話しても無駄だと思い、無言で代金を置くと、足早にその場を後にした。

そんな出来事も忘れかけていた頃、私は仕事を終え、歩いて自宅を目指していた。

人通りのない路地に入った瞬間、不意に後頭部に鈍痛を覚えた。

「お前が悪いんだからな…」

という声を聞いたと同時に意識を失っていた私が、目を覚ました時に見た光景は、見覚えのあるものだった。

雲一つない月夜。

眼前に広がる、水平線。

あの夢と全く同じだ。

何故、自分がこんな目にとは思わない。

私も、まっとうな人生を歩んで来たほうではない。

恨みなど人一倍買っていただろう。

「あのババァめ…やっぱりインチキじゃねぇか。前世の記憶なんかじゃない。予知夢だったのか。」

そんなことを呟きながら、夜空を見上げ、死を受け入れようとしていた。

夢と全く同じなのだ、助かることはないだろう。

そう考えながら、いつも自分の死を悟る瞬間に近づいて行く。

しかし、私はその時気付いた。

「今日は満月か…。」

夢ではいつも三日月だった。

「ははは…なんだ、あれはただの夢だったのか。予知夢ですらなかったようだ。」

死を目前にした私にはどうでも良い事だった。

程なくして、私はその生涯を閉じた。

一人の男が姿を消した数十年後。

ある占い師の老婆が一人の客に話していた。

「また会ったね。それは前世の記憶だよ。」

それを聞いた客は、納得のいかない顔をし、代金を無言で置くと、足早に去ってて行った。

老婆はそれを無表情に見送ると、一人で呟いた。

「次に会うのはいつだろうねぇ…。」

長文、駄文失礼しました。

怖い話投稿:ホラーテラー ひろしさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
22600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ