中編3
  • 表示切替
  • 使い方

ウタバコ・17

此れは、ウタバコ・16の続きだ。

nextpage

・・・・・・・・・。

「斎藤君。」

其の日、帰ろうとしている彼を、僕は呼び止めた。

「少し話して行かない?」

彼は無言で頷いた。

nextpage

・・・・・・・・・。

「はい、此れ。」

「・・・・・・ん・・・ありがとな。」

自動販売機で買ったコーンポタージュを手渡すと、斎藤は、何処か躊躇い勝ちな様子で其れを受け取った。

更にコロッケサンドも取り出し、手渡す。

「此れも。・・・昼、食べてなかったよね。」

「でも、何か悪いし・・・」

「購買で買い過ぎただけだから。僕も昼、食べあぐねたんだ。」

近所の公園付き神社。

本殿に付いている縁側に、僕と斎藤は並んで腰かけていた。

nextpage

・・・・・・・・・。

黙ってコロッケサンドを頬張っていた斎藤が、ポツリと呟く。

「此処に来るのも、久し振りだな。」

「・・・そうなんだ?」

僕がそう返事をすると、彼は少し驚いた様な顔で此方を見た。

「紺野は、そうじゃないのか?」

寧ろ溜まり場だ。夏休み等はほぼ毎日来ている。

「・・・来てるよ。結構頻繁に。」

「・・・・・・そっか。」

「うん。」

斎藤は、何処か寂し気な表情でコーンポタージュを開けた。誰も居ない境内に、カチリ、と音が響く。

「昔はよく此処で遊んだんだけどな。」

「だね。」

其の遊びで僕は大層迷惑を掛けられてたんだけどな。

微妙な心境になりながら、僕は続けた。

「薄塩達とよく来るんだけど、今でも休みには、小学生がよく集まってるよ。」

斎藤の表情は、今度は少し喜ばし気な物へと変わった。

「あんまり昔と変わらないんだな。」

「田舎だからね。遊ぶ場所自体が少ないんだと思う。」

「ゲームとかは?」

「其れは其れだろ。」

「そんなもんかな。」

其処からは御互い、持っているコロッケサンドを食べ終えるまで、無言だった。

nextpage

・・・・・・・・・。

「・・・ウタバコの事なんだけど。」

日が落ち始めた頃、漸く斎藤は口を開いた。

「うん。」

小さく頷き、話の続きを待つ。

其処から数分 。彼はおずおずと話を進めた。

「相談してから、夜中、よく起きるようになった。」

そして、其れだけ言って、また黙り込んでしまう。

話の進み方が遅いにも程が有る。

「其れが、ウタバコと何か関係が?僕に相談した事が、何かの引き金になったとか?」

質問した声に、若干の焦りが混じる。我ながら怪しい。

だが。

烏瓜さんは、僕の所為で手負蛇の障りが起こったのだと言っていた。

手負蛇は、恐怖心や不安に惹き付けられ、寄ってくるのだとも・・・。

ならば、此のまま徒に時間を経過させるのは良くない。いや、寧ろ危険ですらある。

何が起こるか分からないからこそ、対応は迅速にしなければ。

「・・・ねぇ。何が、起こったの。」

「・・・・・・・・・。」

僕が顔を覗き込むと、斎藤はフイと目線を逸らした。

「話したくない?」

「・・・・・・別に。」

「なら話して。」

「・・・・・・・・・。」

また黙りだ。だんだん苛ついて来た。

「そんな話したくない理由って何。」

「・・・・・・別に。」

「僕の事、そんなに信用してない?確かに、大分久し振りだけど、其処までだとは思わなかった。」

「だから、別にそんなんじゃ・・・」

「じゃあどうして。」

「どうしてって・・・。」

nextpage

・・・・・・・・・。

「其れは・・・其れは、紺野と関わる度に、自体が悪化するからだろ!!」

何か思いきった様な表情で、斎藤が叫んだ。

「昔からそうだ!!昔から、俺が何かしようとする度、紺野が・・・・・・。」

そして、金魚の様に口をパクパク動かす。

だが、言いたい事は何と無く分かった。

斎藤が、一際大きく口を開いた。

嗚呼、どうやらまた、彼が何か訴えようとしているらしい。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
5022
5
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

ちゃあちゃんさんへ
コメントありがとうございます。

暖かい御言葉有り難う御座います。
新しい話、書きました。兄や友人達と釣りに行っていたのですが、連絡を忘れてしまいました。
申し訳御座いません。

僕も大概ボキャ貧だと思うので御気持ち解ります。

使わないと消えて行くって言いますけど、抑、そんな小難しい言葉を日常で使いませんからね。
どうしたものやら。

次が待ち遠しいけれど、急かしたりしませんから〜(^^)紺野さんのペースでやっちゃって下さいな(^∇^)
言葉の引き出しがたくさんある人って羨ましいです。私も若い頃は、も少し引き出しあったんだけどなぁ…