中編2
  • 表示切替
  • 使い方

サンタのプレゼント

「なにこのメール・・・」

ある日、パソコンで次の仕事の準備をしていると、突然メールが届いた。

私は何気にそのメールを開いた。

【本文】

メリークリスマス!!

あなたは特別な1人として選ばれました。

このメールに願い事を書いて、12月25日に返信しましょう。

そうすれば、その願いが叶いますよ♪

END

送信者は「サンタ」となっていた。

「これって・・・・チェンメってやつ?」

私はそのメールを不審に思ったが、別に回せとは書かれていない。

返信したらウイルスに感染するかもしれない。

しかし、私には叶えてほしいことがあった。

「おい!!さっさとメシの用意しろ!!聞こえないのか!?」

私がいる2階の部屋に、大声で1階から男の声が聞こえている。

あいつだ。

あいつが私の叶えてほしい対象。

見ての通り、かなり乱暴な性格だ。なぜ私はこんな男と結婚したのだろう。

「今行くから待っててよ!!」

私は乱暴に答えた。

・・・・・こんなチェンメに頼るなんて。私、かなり疲れてるわね。

丁度明日は12月25日。

時刻設定をして私は返信メールを書いた。

【本文】

Re:1人になりたい。

   あの男がいない世界に行きたい。

   あの男と永遠に会わなくて言い場所に。

END

12月25日。

私は仕事が終わり、重くなったまぶたをこすりながら玄関を通ってリビングに行った。

すると、パンッというクラッカーの音とともに私の眠気は一気に覚めた。

見るとあいつがクラッカーを持って待っていた。

「メリークリスマス。最近仕事が上手くいかなくて、お前に八つ当たりしたりしてごめんな」

あいつは申し訳なさそうな顔で言った。

その顔は嘘などではなく、本当に反省している顔だった。

うれしかった。

そんなこと、考えたこともなかった。

私が間違っていたのかも。

「ありがとう・・・メリークリスマ・・」

そのとき、

ガシャァァァン!!!

shake

突然私の後ろから信じられないほどの激痛が走った。

「・・・・・・!」

あいつの声がだんだんと遠ざかっていく。

数秒後、私は家に突っ込んできた軽トラックに轢かれたのだと分かった。

なんで?どういうこと?

そうして、私は目の前が真っ暗になっていくのを感じていた。

パソコンに、新着メールが届いた。

【本文】

メリークリスマス!!!

プレゼントを贈ったよ。

「1人になりたい」が叶ってよかったね。

これであなたは永遠に1人だよ。あの世でね♪

END

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
4980
6
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ