中編3
  • 表示切替
  • 使い方

彼女のハコ

彼女はとても寂しがり屋だった。彼女はそれ故に、彼に対し重すぎるほどの愛情を求めた。

彼女は繰り返し堕胎をした。その胎児は、全て彼の子供だった。

そして、彼女は彼に捨てられた。

彼からの愛情を一身に受けるため、彼の望むままに体を開き、彼の言われるままに子供を殺した結果、彼は彼女を「簡単に子供を殺す最低な人間」と自分のことは棚に上げ、彼女をゴミのように捨てた。

nextpage

彼女はオカルト関連の話が好きだった。いわば、これは必然とも言える話だったのかもしれない。

彼女の中に宿った四人目の命は、流産という形で消えていった。

彼女はかなり落ち込んだが、しらばくして、彼女は彼女の唯一ともいえる友人に電話をした。友人は常々彼女に忠告はしていたが、やはりこの事実は悲しいもので、彼女のために泣き、彼に対し憤った。だが彼女は笑っていた。

とても楽しそうに。

「あのね、私、作ったよ」彼女は弾んだ声音で言う。

なんのことかと友人が電話口で首を傾げる。

その様子が伝わったのか、彼女は明るい調子で笑う。

「コトリバコ、案外簡単に作れるんだね」

nextpage

コトリバコ

その言葉を聞き、友人の背筋に怖気が走った。

それはネットでまことしやか囁かれている怪談。

実話なのか創作物なのかは分からない、しかし触れるにはあまりにも危険な『箱』の話。

材料さえ手に入れることができれば、確かに作るだけなら簡単だろう。

だが、その材料が問題なのだ。

誰もが閲覧可能なネットの話。もちろん、友人も話としては知っていた。

友人は閉口し、口の中に溜まった唾を飲み下す。

「あ、大丈夫! 材料は全部私のだから! あ、寄木だけ通販だった」

彼女は友人が黙っていることを気にせず話し続ける。

nextpage

「赤ちゃんってね、簡単に出てくるんだよ。お腹ばんばんしてたら、血と一緒に流れてくるの」

友人は想像する。にんまりと下弦の月のように目を細め、激しく己の腹を打ち付ける彼女の姿を。

「びっくりするよね、お風呂が血の海になるの」

腹にアザを作り、ぼろぼろの姿でニコニコと聖母のような笑みを浮かべる彼女。

「でも、ちゃんと洗面器に溜めたよ」

偉いでしょ?と友人が褒めるのを待つ彼女。

その場にもいないにも関わらず、友人には無邪気な笑顔を浮かべる彼女の姿が見えていた。

「ハラワタを絞った血、って書いてあったけど、お腹のあたり潰した血でいいよね」

あまりにもおぞましいその光景に、友人は口元を手で覆う。

nextpage

彼女は恥ずかしげに言う。

「直接持って行ってあげた方がいいかな? でも、私、彼に嫌われたみたいで――」

「直接持って行ってあげなよ」

彼女の声を遮るように、友人は声を上げた。その様子に、彼女は嬉しそうに笑った。

「うん、そうだよね! 宅配がいいかなって思ったけど、やっぱり直接がいいよね……」

うっとりと、まるでプロポーズの言葉を待っているかのように、彼女は言葉を呟く。

「私、シアワセになるね」

友人は、それ以上の言葉が聞けずに通話を切った。

nextpage

彼女は実行した。自作の箱を彼の家に持って行き、通報され、精神病院に入院させられた。

「きっと、彼女はシアワセなんだろうね」

私に話し終えた友人は、ひどく寂しそうな笑顔を見せた。

Normal
閲覧数コメント怖い
8180
5
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ