中編2
  • 表示切替
  • 使い方

優しい人

此の話は完全なフィクションです。

実在の人物、事件、団体とは何の関係も有りません。

nextpage

~~~

人の恨みは恐ろしい物で、其れは基本的に何年経っても消えない・・・らしい。

断言が出来ないのは、自分が其の例外だからだ。

誰かを長時間恨み続けたことは無い。嫌ったことも無い。だから、其の感覚が今一理解出来ない。

勘違いはして欲しくない。恨んだことや、嫌ったこと自体が無い訳ではないのだ。

只、ウジウジと何時までも恨むのは性に合わないだけ。其れだけ。

キッパリ忘れて、無かったことにしてしまう方が、ずっと楽だし。優しい自分でいられる。

nextpage

~~~

彼との結婚を決めたのは、趣味が合ったから。出会ったのは山登りしてた時で、私は山から降りる途中だった。

話が弾み、其の後、何回か会った。プロポーズは付き合い初めてから一ヶ月後だった。

私ほど優しい人は居ないと、彼は言った。当然だとも思ったが、嬉しかった。

式は身内だけでひっそりと挙げ、新婚旅行では少し遠くの山に登った。海外に行きたかったか、と彼は聞いてきたが、彼が飛行機を嫌いなのを知っていたので、何も言わなかった。

新しい部屋も借りた。広いマンションで、キッチンも綺麗だった。収納スペースも多く、便利そうだ。

彼は、私が料理好きなのを知っている。特に包丁使いはプロ顔負けだ。大きな魚も骨付き肉もあっと

言う間に解体できる。

此処でなら、思う存分に腕を奮えそうだと思った。

毎日、彼に料理を作ってあげられる。

幸せな結婚生活が始まる・・・筈だった。

nextpage

~~~

彼の母親は、良い人だった。結婚するまでは。

けれど、其の性格は結婚をしてから激変。

しょっちゅう我が家に連絡無しで訪れ、私に嫌がせをした。

例えば

・家具の趣味が悪いと文句を付ける

・突然現れては食事を作らせ、其れを残す

・お土産は基本的に腐っている

・嫌味を言う

等々・・・。

私も我慢はしてきたが、そろそろ限界だ。

いや、そもそも、私が我慢をしてきたこと自体が稀なのだ。例外の様な物なのだ。

其処まで考えて、私は大きく頷く。

此れは当然なこと。

そして、私が優しくある為には、必要不可欠なこと。

絶対に。

nextpage

~~~

ドアをノックする音。彼の母親だ。彼女は、チャイムを使わない。

私はゆっくりと立ち上がる。

・・・さぁ、全部無かったことにしよう。

全部やり直そう。忘れてしまおう。

その為に、少しだけ頑張ろう。

自慢の包丁は研いでおいた。よく行く山には穴を掘っておいた。

優しい私で居る為だ。

一瞬だけ、持てる限りの恨みと憎しみと怒りで、彼の母親を迎えよう。

nextpage

そして、また明日から、私は《優しい人》

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
9182
19
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

mamiさんへ
コメントありがとうございます。

一晩寝て頭を冷やしました。今はもう怒ってませんよ。

嫌いというか・・・理不尽。
理不尽なんです。店長は。
怒っても仕方無いですよね。あっちに悪気は無いんですし。子供の癇癪に巻き込まれたとでも思っておきます。

コメントが怖いですね。
バイトで何かありました?私は、その店長さんもすきですが…(*⌒▽⌒*)