死神と青年 死神の危機!?

中編2
  • 表示切替
  • 使い方

死神と青年 死神の危機!?

死神憑きか…厄介な奴がこの町に現れたな…。

私か?私は天師の「アキラ」です!

この世に潜む悪霊、妖怪、悪魔を退治するスペシャリストだ!

なんだかんだで天師に選ばれたけど

まあ大丈夫でしょ!

その頃、俺と死神は部屋に出たゴキブリを退治しようと戦っていた!

「でたー!!ソコォ!!」

死神は雄叫びをあげながら

「ひや〜〜!でたー!ムリムリムリムリムリ!!」

そこへ弟も訪ねてきた

「兄貴〜シュークリームを買ってき…た」

グシャ!…………………………………………………………。

「ダァァァァァ!」

弟は足でゴキブリを踏んずけた!

俺も死神も叫ぶ「イヤーーー!」

俺は弟を風呂に行けと指示する

「わ、わかった!」弟は風呂のシャワーで足を流す

ふぅ…ゴキブリ退治も終わり

休憩しているとチャイムが鳴る

ピンポーン!ピンポーン!

俺が出ると「死神はおるか!!」

俺はすぐさまインターホンの画面を切る

「………。来たぞぉぉぉ‼︎カマ野郎!!」

死神は鎌を用意して戦闘準備に入るが足が震えている

「早くないか!?」

また俺がインターホンで「どちら様で…」「死神はおるかー!!出てきて俺と勝負しろー!」

死神は首を横に振り「イヤですよ!なんで戦わないといけないんですか!」

俺は「あ、あの〜ちょっと今日は無理な…」「わかった!決闘場所の地図をポストに入れとくから3日後にそこに来い!」

やけに潔いな…

ポストに地図が投函される

「3日後に会おう!」

3日後…俺と死神はペットショップにいた

「高っ!この金魚、めっちゃ高い!なんで?店員さん!」

死神はいつもの調子である

俺はメダカの水槽を眺めながら

何かを思い出そうとしていたが思い出せない

死神に聞いてみても

「さあ?なんか特別な用事ってありましたっけ?」

「だよな?無いよな?」

決闘を申し込まれていたのを、ど忘れしていただけである笑笑

その頃、決闘場所では…

「遅い、遅過ぎるでは無いか!死神〜〜!」

夕陽の空にカラスが飛ぶ

カァ〜カァ〜アホゥ〜アホゥ〜

「おっ!やっときたか!死神!勝負だ!」それは近所に住むおじいちゃんだった。「ホヘェー?なんじゃ?死神?まだわしは死なん!」

おじいちゃんとアキラの喧嘩が始まり

その騒ぎを聞きつけた近所の人が警察を呼んだ

「おい!そこの君!」

アキラ「なんだ!警察!」

「ちょっと署まで付いて来なさい!」

アキラはパトカーに乗せられ

「なんでじゃぁぁぁぁ!!」

ペットショップの帰りにパトカーとすれ違うと「なんでじゃぁぁぁぁ!」という声にビクッとなる俺と死神でした(´・Д・)」

めでたしめでたし、続く。

Normal
閲覧数コメント怖い
2611
5
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

死神・・・可愛すぎますわ(*´ω`*)

てゆうか、約束忘れたらダメですやん( ´艸`) プッ!