短編1
  • 表示切替
  • 使い方

何で知っとるん!?

怖いというか、ちょっと不思議な体験をした話です。

nextpage

実家から離れた大学に入っていた私は、夏休みを利用して実家に帰省していました。

大学の休みは長く、特にやる事もなくなった私は、近所を散歩する事にしました。

nextpage

昔とあまり変わらない風景。懐かしさを感じながら歩いていると、ふと、小さい頃の事を思い出しました。

nextpage

何軒か隣の家のお婆さん。

毎朝、学校へ行く時に顔を会わせて挨拶してたっけなぁ。

nextpage

とはいえ、そこまで親しかったという訳でもなく、朝の挨拶以外では見かけた記憶も無かったのですが。

一応、お婆さんの家の前も通ってみました。

しかし、お婆さんの姿を見る事はできませんでした。

nextpage

散歩を終えて家に帰った私は、お婆さんの事が少し気になったので、母親に聞いてみることにしました。

nextpage

「あそこのお婆さん、まだ元気にしとるかなぁ??」

nextpage

「はぁ!?あそこのお婆さんって、何であんたが知っとるん!?」

nextpage

「何で知っとるんて、学校行くときに毎朝挨拶しよったけんよ。」

nextpage

「あんたが、挨拶しよったって・・・??」

nextpage

「・・・あのな、あそこのお婆さんはの、あんたが産まれる前に、亡くなっとるんで。」

nextpage

「えっ・・・マジで??」

nextpage

では、私が毎朝挨拶を交わしていたお婆さんは、一体何者やったんでしょうか。

nextpage

そんな、不思議な体験をした夏休みでした。

Normal
閲覧数コメント怖い
8020
4
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ