はじめてのおつかい・上編

中編2
  • 表示切替
  • 使い方

はじめてのおつかい・上編

此れは、僕が高校2年生の時の話だ。

季節は春。

nextpage

・・・・・・・・・。

木葉さんからバイトを頼まれた。

仕事内容は配達。運ぶのは紫色の風呂敷で包まれた箱のようなもので、中身は知らない。

配達先は、僕の住んでいる町から見て南西の小さな町に建っている、病院だった。

どうやら入院している人らしい。《203号室の石見さん》と書いてある。

その他に・・・

配達は午後の七時までに済ませること。

受取書にサインを貰って来ること。

降りる駅を間違えないこと。

道が分からなくなったら、交番を探して御巡りさんに道を聞くこと。

知らない人やどこぞの猿に声を掛けられても、付いて行かないこと。

等々の注意事項がみっしりと書き込まれている。

「あの人は一体、僕を幾つだと思ってるんだろう・・・。」

《ハンカチとティッシュはきちんと持ち歩くこと》と書かれた項目を発見してしまい、思わず苦笑してしまう。彼の中での僕は、実年齢より遥か下を行っているに違いない。

一項目、また一項目と、電車が来るのを待ちながら、僕はメモを読み進めていった。

nextpage

・・・・・・・・・。

項目の中に、奇妙な物を見付けた。

《物を貰って来ないこと》

《食べ物・飲み物を勧められても断ること》

此の二つだけ、蛍光ペンでラインが引いてある。

行儀の問題だろうか。

然し、もしそうだとしても、其処まで強調するようなことではないような気がする。一体どういうことだろう・・・。

木葉さんに連絡をして尋ねてみようかとも思ったが、病身故に僕が仕事を引き継いだ訳だし、此処で頼ってしまえば意味が無いのではなかろうか。

僕は散々迷って、結局《意味は分からないけど、取り敢えず守っておけば安心だろう》という結論に達した。

でもやっぱり・・・・・・

nextpage

ゴトン、

目の前に電車が停まった。

僕は慌ててメモをポケットにしまい、荷物を小脇に抱えながら電車に乗り込んだ。

nextpage

・・・・・・・・・。

電車で駅を幾つか通り過ぎ、バスを使って町を二つ越える。目的地の町に着いたら、病院まではまたバスだ。

ボタンを押し、バスを止め、料金を払い、礼を言って降りる。

目の前の病院は、小さな町に似合わず、中々に大きくて立派だった。

辺りはもう薄暗くなり始めている。時刻は午後六時。タイムリミットまではあと一時間だ。

僕は小走りで、病院の中に入って行った。

nextpage

・・・・・・・・・。

ロビーを抜け、エレベーターで四階へ。

三の桁が二の並びなのは、確か此処辺・・・。

「あら、貴方が木芽君?」

「え?」

振り返ると、一人の女性が佇んでいた。

「こんにちは。話は聞いているわ。」

そして、ニコリ、と微笑みを浮かべ、彼女は頷いたのだった。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
77413
11
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

紺野さん

『キャー、タイトル可愛い~』
中身を読んで
『ヽ(;゚;Д;゚;; )ギャァァァ、タイトルと違ってめっちゃ怖い:(;゙゚'ω゚'):』な感じで、いいと思います。

前にも書いたけど、怖話で1番最初に読んだのが紺野さんの作品で、それからずっとファンなので、がっつり付き合わせて頂きます(`・ω・´)ゞ

紫音さんへ
コメントありがとうございます。

ギャップ・・・出ますかね。
でも、タイトルも中身もグダグダだったらつまりませんよね。

頑張ります。
よろしければ、お付き合いください。

紺野さん

タイトルとのギャップで食いつく事間違い無しですよΣd( ・`ω・´)

今、頭の中であのテーマ曲が流れてますがね(*´pq`)クスッ

まっしろさんへ
コメントありがとうございます。

有り難う御座います。
嬉しいようなそうでないような複雑な気分ですが・・・。

・・・永遠の十八歳ならぬ永遠の十一歳ですか。
強く否定出来ない所が悲しいです。
もしそうだったらどうすれば・・・。

目元の紅は本来魔除けですから。隈取りは確か血管や筋肉を強調しているので、趣が違うかもしれませんね。其れに、そんな兄は僕も嫌です(笑)

質問はどうぞご自由に。出来る範囲ではありますが、答えさせて頂きます。
イラスト、もし気が向いたら、見せてくださいね。

mamiさんへ
コメントありがとうございます。

寧ろ主犯ですよ(笑)

上手いタイトルが思い付かなかったので、其のまま利用させて頂きました。
タイトルのホラー感が見事に0!

はい、今までも此れからも気を付けて参ります。

紫月花夜さんへ
コメントありがとうございます。

過保護を通り越して只のバ・・・基。弟思いな兄を持って幸せですよ(棒)

相手によって警戒度も大分変わりますけど、やっぱり付いて行ったらダメですよね。

御友人の方は、もしかしたら、約束の場所に連れていってあげる、と言われたのではないでしょうか?

紫音さんへ
コメントありがとうございます。

最早、ホラーのタイトルじゃないですよね。

なるべく早く書けるよう、頑張ります。
よろしければ、お付き合いください。

裂久夜さんへ
コメントありがとうございます。

有り難う御座います!
御期待に沿えると良いのですが・・・。

どうぞー(´・ω・)つ ハンカチ

タイトル、やはりしっくりきますね(笑)
木葉さんの心配性ぶりが大変ツボです。。
木葉さんの中では紺野さんは、出会ったその時のままの小学生なのかもしれません。

そして前回のお返事ありがとうございました。
つまり紅いアイライン(目の上まぶたのキワ)を引いたような感じなのでしょうか。
なるほど、艶っぽいイメージです。隈取りではなくてほっとしました。。

実は、個人で楽しむ範疇で、登場される皆さんの人物イメージを勝手ながら描かせて頂いておりました…。
その際に、細かい所がどうなっているか気になってしまい、このように質問させて頂いておりました。
また色々お聞きするかと思いますが、おつきあい下さると大変嬉しいです。
(ご不快であれば止めますので仰って下さい。。)

おやおや!?『皆さん』に、私も含まれています( ´艸`)?
この題名が目に入った時は、思わずガッツポーズが出てしまいそうでした(≧∇≦)b
くれぐれも『変な猿』にはお気をつけ下さいね。

な、なんか狐兄様の注意事項を読んでいると本当に初めてのおつかいですね~(笑)
知らない人についていかないって項目は必須ですよ
高校時代に友達は知らない人の車に普通に乗って行こうとしてましたからね~
冬で寒かったから送っていくよ言われてラッキーと思ったらしいけど…
私と待ち合わせしてたんですけどね(苦笑)

はじめてのおつかいって・・・

∵ゞ(≧ε≦o)ぶっ

お兄様ったら、心配症ですわね。

続きが楽しみです。

次の展開にワクワクしつつ「怖い」をポチッと…

主様のボヤキにコーヒー吹きそうになりました(笑)