短編1
  • 表示切替
  • 使い方

母の手………

子供の頃、十年あまりに渡り、実の兄から酷い虐待を受けた。昼は目さえ合えば暴力、夜は性的虐待。

本当に生き地獄だった。

母は暴力は知っていた。

性的虐待については、母に告白するのに何年もかかった。

ようやく、母に告白した時、母は一言……“父さんには黙ってなさい”

それっきり助けてもくれなかった。あの時、母に生きながら殺されたのだ。

毎日が絶望しかなかった。

私は故郷を捨てた、生きるために。

まだ十六だった私は、生きるために水商売に、年をごまかし働いた。

有名なクラブだったが、なによりオーナーが、暴力団の会長だったからだ。そこなら、私は商品だから、兄の手から逃げられると思ったのだ。

何年かたち、チーママまでになっていたある日、ひどい高熱で、店をやすんだ。

熱でうかされていると、ベランダに白装束を着た女性がみえた。

チリーン、チリーンと鈴の音がし、私に近づき、私の手を優しく握った。

母の手だった。

どんなに恨んだかわからない、けれど恋しい母の手だった。

私は、その手にほほずりし涙が止まらなかった。

“ごめんね………”

母の声が聞こえた

そして、消えていった。

母が消えると、不思議と熱は下がっていた。

“私、まだ生きててもいいんだよね?母さん”

泣きながら叫び、微笑む母をみたような気がした。

今も、頑張ってなんとか生きてます。母の手をささえに

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
48000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ