短編2
  • 表示切替
  • 使い方

殺処分。

ホームレス、未成年の家出人、指名手配犯・・

そういった

著しく生産性の低く

かつまた、

犯罪や悪臭の温床ともなっている国民を

疎ましく思っていた政府が

ついに

対策を打ち出した。

「殺処分、法案。」

殺処分法案とは、

殺処分対象と認定されたものは

あらゆる人権を剥奪され

野良犬などと同様の扱い方で

死刑と裁かれなくとも

人が人を殺処分すること。

「借金大国として何とかやってきたが

今や限界です。

・・国として、破産するよりは・・」

涙ながらに最もらしい言い訳を重ね

過半数の国民から票を得ていた。

少数派に追いやられた家出人家族など

反対派は

「臭いものに蓋をするやり方に~」

等と非難したが

国の破産を怖れる保身者が法案賛成に投じ

賛成過半数により法案は可決された。

・・と同時に、国のそこかしこから

悲鳴と罵声が飛び交った。。

殺処分、という名目で

政府が対象者と思われる国民を

かたっぱしから誘拐し始めたのだ。

指名手配犯はしかるべき裁判にかけられ、

ホームレスや家出人と認定されたものは

数日中に引き取り手が現れなければ

殺処分される・・

非道だが可決された法律を

覆すことなど出来ない。

---3ヶ月後

街にはホームレスや家出人とおぼしき国民は

姿を消した。

そして国民の生産率は僅ながらも向上した。

法案は見事成功した

・・かのように思えたが

政府は派生した新たな問題に

また頭を抱えていた。

街では

元、殺処分対象者の

ペット化が横行していたのだ。

殺処分対象者と認定を受けた者は

例え引き取られたとしても

人と認めない・・のだから。

Normal
閲覧数コメント怖い
4671
4
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意