中編3
  • 表示切替
  • 使い方

くも女

wallpaper:190

music:1

雑誌で都市伝説的なものの話を書いている編集部に、

ある手紙が殺到していた。

それは 「 クモ女を見た 」 というもので、

クモ女に関する色々な目撃証言が書かれてあった。

編集者の山崎と長谷川は、

その 「 クモ女 」 の取材をするように言われる。

長谷川はクモ女を怖がっていて、

山崎も乗り気じゃなかったが、

それらの手紙の宛名が全て同じ場所であることに気付き、

上司に言われてそこに取材に出かけることになった。

wallpaper:40

まずクモ女がよく来るらしいレストランで聞き込みをしてみるが、

先に取材に出かけた長谷川が既に聞き込みを終えた後で、

特に手がかりは掴めなかった。

wallpaper:185

そして今度は目撃情報のあったトンネルの写真を撮っていると、

wallpaper:994

music:5

ひとりの女子高生ふうの少女が道に花を供えているのを見かける。

そこには 「 クモ女さん、もう出てこないでください 」 という文字の書かれた木の札と、

お供え物と思われるバッタなどが置かれていた。

少女に聞いたところ、

この辺りでクモ女に襲われた人がいるそうで、

襲われたのはその少女の友達のあけみという子なのだと言う。

そして山崎は少女に、

そのあけみという子の家へと連れて行ってもらうが、

wallpaper:965

山崎が尋ねたとき彼女はベッドの中にいて、山崎を見るなり震えだしてしまう。

だが少女が 「 この人は大丈夫だから 」 と落ち着かせ、

当時の話を聞かせてもらうことになった。

するとものすごい早口で語りだした。

wallpaper:42

その日、

あけみは部活で帰りが遅くなったため、

普段使わない道を自転車で通って帰ろうとしたら後ろからすごい足音が聞こえて来たという。

wallpaper:1004

music:2

振り返ると遠くに女の人がゆっくり歩いているだけで別に変に思わなかったが、

自分は自転車なのにその人との距離が全然縮まらないのでおかしいと感じた。

するとその女の人は、

wallpaper:528

music:6

突然四つん這いになって近づいて来て、

大きな口を開けて飛び掛って来たのだという。

目は8つあり、

足もいっぱいあった。

助けを呼ぼうとしても口から糸を出して身体を糸まみれにされてしまい声も出せず、

そのまま気を失ってしまったが、

wallpaper:785

music:4

気が付いたときは身体が糸でぐるぐる巻きにされてトンネルの天井からさかさまに吊るされていたと語る。

話を聞いているとき山崎は、

あけみの口の中に白いネバネバしたものが見えたような気がしたが、

あけみの母親が帰って来て会話が中断されてしまった。

wallpaper:23

山崎はリビングに通されて母親からも話を聞くが、

途中で履いていたスリッパがフローリングにベタベタとくっついている様な感じになっているのに気付いた。

母親は、

あけみの父親はあけみが生まれる前に死んだといい、

そしてクモは交尾が終わるとメスがオスを食べてしまうのだと笑いながら話し出す。

それはカマキリじゃないですかと突っ込むと、

クモでもそう言うのはいるのだと少し不機嫌そうに母親は言い張った。

wallpaper:862

music:5

そのうち日が暮れてきて、

なんだか不気味に感じた山崎はもう帰ろうとするが、

wallpaper:629

music:2

部屋の奥から先に取材に向かっていた部下の長谷川の声が聞こえてきた。

なぜ長谷川がここに?と思った山崎は、

様子を見るため奥の部屋へと行ってみるが…。

wallpaper:667

sound:39

shake

Normal
閲覧数コメント怖い
8571
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

これ、10年以上前にテレビで見た記憶があります!

有名な話なんですね(゚д゚)