夏の実話「だるまさんがころんだ」

長編7
  • 表示切替
  • 使い方

夏の実話「だるまさんがころんだ」

小さい頃、小学校時代の実話です。

あまり、怖くないかも知れませんが、

大事なことなのでもう一回言います。

実話なので聞いてください。

nextpage

wallpaper:153

あの日もちょうど夏で7月の上旬でした。

学校が終わった放課後、学校も蒸し暑かった俺達は、

涼しい別な場所で遊ぼうと談議となり

興味心と探究心から、ある神社で遊ぼうという話になる。

今なら、頑固反対で説教までするかも知れない。

nextpage

しかし俺はその時、ノリ気がないのはいいとし

神社にまだ、あまり興味もなかった。

かと言って「家でゲームでよくね?」なんて

輪を乱すのも何だし、神社でも皆で行けば、

楽しめるだろう。そんな、子供らしい

短絡的考えを、持っており結局行くことにした。

nextpage

場所は、大人の足だと学校から

約10分ほどの距離にある神社だ。

夕方、学校からまるで遠足の様に歩く足は、

期待を胸に抱いてるせいか、みんなと歩くせいか、

暑さは感じず足どりは軽かった。

nextpage

それでも途中、ラムネやお菓子、子供の目に

よぎる誘惑は数えきれず、存在し足を止めさせる

気付けば、やっと神社に着く頃には30分も

かかっており、陽こそ落ちてないが

一般的に言う夕暮れ時の時間だ。

nextpage

時間もないのだが、ここで、また談議だ

「何をする?」

さすが、子供、計画性はまるでない。

そして決まっていざ、行うことに

なったのが、神社見物。いや探険隊ごっこかな。

祭具殿、拝殿、手水場などを宝物を探す如く見て回る

nextpage

夕暮れ時といえ、陽は落ちない暑い夏の宝物を漁る

すでに手にしているのに(笑)それはおいといて

宝物は目に見えない、まして子供の俺達である。

すぐ飽きてしまい縁に座り込んでしまった。

帰るはずなく懲りぬ子供だった俺達は、また談議。

nextpage

「涼しく神社で遊べることしよう」

という展開になってしまう、

一人が、早速声高らかに

「じゃあさ、木いっぱいあるし

{かくれんぼ}は?」

と言いだした。

nextpage

これにもう一人が

「だったら、{だるまさんころんだ}

の方が楽しそう」

と輪をかけ、これに多数が賛同。

ついに、

nextpage

{神社の木を用いた

だるまさんころんだ}

が開始される。

まずは鬼の位置

「ここよくね?この木だけ輪みたい

の付いてる!!」

wallpaper:47

nextpage

これには全員賛同し、やる気になった様だ。

「よし、じゃあ鬼決めだな、

じゃんけんポン」

案の定俺は、俺・・・・・

wallpaper:767

鬼ですよね(溜息)

wallpaper:827

nextpage

インドアの俺はこういうゲームでも

苦手である、それを物語ったのか

鬼じゃなければ誰かが・・・という

気持ちがあったのか、渋々と言う

「だるまさんがころんだ」

nextpage

すると、よく言う背筋から・・・

いや、そんな生温いものじゃない

寒気が俺の全身をよぎった。

ただ、今、俺は振り返っているんだ

霊?そんな類は見えない

遊んでる友達の数も合ってる

nextpage

そんな思いの繰り返しで

神社に響く、俺の言う

「だるまさんがころんだ」

友達の不気味なパントマイム

まさに俺だけが観客のダンスである

nextpage

それは永遠の様に長く、時は止まった

如く神社に相応しい舞である。

詩人?誰しも、あの状況なら

そう感じた、俺は今でもそう思う。

その時、止まっていた時間が

再び動き出す・・・

nextpage

「タッチ!!」

触られました(笑)

「逃げろ~」

と叫ぶ、友達。

「ちょっ」

nextpage

意味分からないですが、追いかけよう

と1歩2歩と足を踏み出した

その瞬間、一瞬ですが

「・・・こっち」

という聞きなれない擦れ声が俺の足を止める

俺は、その声の方向をキョロキョロ探していると

nextpage

木蔭から、友達が来て

「追いかけろ、馬鹿」

と叩く、それはツッコミの様でその声も

気のせいの様に感じさせるほどで

また、空気すら変えてしまう。

さっきより空気は冷たく感じられた。

nextpage

その友達が、その空気を裂くが

ばかりに大声で皆に聞こえる様に

「もう一度だるまさんころんだ

やるから集まれ~」

と促す、すると、みんなは走って鬼の場所に

集合、友達がまるで先生みたい(笑)

nextpage

まぁ~、その先生の合図で、もう一度俺が鬼で、

だるまさんころんだが開始されたんですけどね・・・

だけど、先程とメンバーが同じでも状況は違う。

みんな走って集合して直後の

「だるまさんころんだ」

wallpaper:112

nextpage

さっきの様にはいかず、ジッと出来ず動く人が連発、

促した友達も最後はコケるという

失態で、俺の勝利となった。

「なんかに足をとられた」

って言ってましたけど、

nextpage

「葉っぱでしょ」

ってみんなに笑われるし、

悪いけどいい気分だった(笑)

終いには苦しまぎれに次は

「自分が鬼で、もう一回!」

負けず嫌いって嫌デス

nextpage

結局、「みんな帰りたい」みたいだけど

もう一回なら、ってことでやったんだ

けどそれが、いけなかったんだね・・・

俺も、さっきの勝利とかで霊とかさっきの

声とかもう忘れていたんだよ・・・

nextpage

で、いざ始めるとさっき鬼の時は、

見えなかったはずの全く違う光景が

広がってたんだ・・・

友達の

「だるまさんがころんだ」

nextpage

それを合図の如く、神社内の

沼?一応、池って言った方がいいかな。

そこからありきたりな話なんだけど、

青白い手が何本も伸び、鬼にタッチ

しようとしている。

wallpaper:1014

nextpage

中には「おいで」のつもりなのか、

何か欲しいのかな?分かんないけど

手をクルンクルンさせてるのもいてさ。

一緒に遊びたいなら刺激しない方がいい

らしいよね、とりあえず友達に相談しよう

いや出来ねぇよ!などと色々考えた結果、俺は

nextpage

鬼の肩を青白い手が何本か掴んでるのに

周りの友達は気づいてないみたい・・・

そこで声出してみんなで逃げようって中断?

もしも信じもらえず、なんかあったらと

考えるとなかなか行動出来なくて、ゲームを

続行し様子見を選んだ。

nextpage

その時、鬼は平気そうだし、さっきまで

俺は鬼やってて、寒気したけど何とも

なかったから大丈夫だろ。

見えてない奴らをビビらせる必要は

ないし、俺は自分にそんな言い訳を

言い聞かせていた。

nextpage

卑怯?俺だってきっと思ってた、

だから、最後は最初からゲームを

楽しめなかったし、目を逸らしてもいた。

よく分からない罪悪感と今でも

遅くないのでは?という呵責。

それは何よりも前を見せてくれない。

nextpage

逃げる様に横目でいる俺にあの池が自然と映る。

「いつの間にか、池まで進んでたんだ・・・」

俺が独り言を呟いた、その時

違和感を感じる、池・・・よく見ると

手と手の間からゴミ袋みたいなのが見えた。

nextpage

元々、祭事以外は宮司もろくに顔を出さない

村の神社みたいな場所で、綺麗とはお世辞にも

言えない。だからこそ、最初はゴミもあるだろ

って俺は気にもしなかった。

しかし、違和感は強まる・・・

nextpage

俺はとりあえず確かめないと、

と直感が疼いた

「だるまさんがころんだ」

俺は当然前に進む。

だが今回は横目で池を見ながらの為、

小走りで無理はしない。

nextpage

そこで1つ気付く、このゴミ袋は

水に浮かんでる訳ではない。ということ。

そして、また友達の

「だるまさんがころんだ」が響く。

今度は歩く、前に進むよりゴミ袋を見る為だ。

nextpage

歩いて見るゴミ袋は俺に全てをさらけ出す。

ゴミ袋が声に合わせて跳ねてる・・・?

よく見るとそれは女性の頭と上半身だった。

足は見えない・・・でも、あったら池の中。

手も池から出てるはずなのに池から

波が全くたっていない・・・。

nextpage

やっぱり見えてないのか、現状を分からない

周りから「真面目にやれ」と言うヤジがとぶ。

次はもう歩けない。池を横目で見た、その時

あの女性がなんと池から陸に出ようと

這いずくばろうとしている

nextpage

波はたたないけど、陸に上ろうと

もがいている、顔は・・・

wallpaper:985

苦しみ、妬み、怒りなどが合わさり

あの時の俺は、ただただ俺達を

殺そうとしてると思った

謎は解けた・・・、そうなれば、

nextpage

これは流石にもう「だるまさんがころんだ」

なんてやってられない。

俺は「逃げろ、とりあえず人いるとこ家まで」

と叫び、みんなはさっきの俺が鬼だった時の

鬼ごっこもどきの要領でバラバラに逃げ出した。

nextpage

偶然言った「家まで」に反応したんだと思う。

みんな帰りたがってたから・・・

俺も呵責の償いの心があったのか、

かなり強く鬼の子の腕を引っ張って、

wallpaper:572

wallpaper:1012

wallpaper:858

wallpaper:1003

wallpaper:735

wallpaper:927

wallpaper:878

wallpaper:25

wallpaper:32

sound:26

近くのスーパーに逃げ込む。

nextpage

スーパーに入ると、必死の形相で逃げ込んできた

俺ら二人に、恐らく誘拐犯か通り魔にでもあったか

と思ったのか、レジのおばさんが来てくれて

裏に連れていかれました・・・

wallpaper:580

そこで、店長らしき人にこのことを全て語る。

店長は笑う、小学生の戯言を聞く様に・・・

nextpage

結局信じてもらえず(鬼の子にも)代わりに、

弁当なんかに入れるポケットサイズの塩をくれ、

これをつければ大丈夫と言われ、

塩を頭から俺はかぶると、塩まみれで

スーパーを後にそれぞれの家に帰りました。

nextpage

wallpaper:149

次の日、学校で俺は事情を話しました

勿論、誰も信じないと思っていましたし

見てないのだから当然の反応と考えてました。

しかし、予想に反し、ほとんどの人が信じて

くれました。その理由については大抵の人は

口を割ってくれませんでしたが、

nextpage

wallpaper:1008

「夜寝ようとしたら、窓(二階でベランダなし)から

知らない女の人に睨まれてた」

wallpaper:1014

「寝てたら、痛み感じ見たら知らない人が横にいて腕

握って折られそうだった」(実際にムラサキ色の痕まで)

wallpaper:528

「身体動かせなかった・・・横から何か削る?

(シュシュ)と音してたんだよ、後、水が

流れる音も・・・!!」

そう、数名が渋々教えてくれました。

nextpage

wallpaper:1009

~ p.s ~

あの神社だけは、今でも苦手です。

それでも大人になり、1度だけ祭の時に行きました。

あの時は気付かず、読めもしなかった、池の由来を

書いた看板を見つけ、それによると

nextpage

「この池はこの地に元々無かったらしく、近くの

山の噴火が原因で出来たとある。その噴火では

多くの人が、火達磨になり逃げまどいながら

亡くなったと書かれてました」

最後に

あの時と同じ様に、池を横目で見る、そこには

nextpage

「キケン、このいけとまわりであそぶな」

という看板が設置されてました。

wallpaper:61

Normal
閲覧数コメント怖い
3401
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

無かった立て札の注意書が、再度行ったら出来てた。
いろいろ連想してしまいます